墓石建立なら日本一の産出量の「稲田石」がおすすめ!


出典:http://www.ibarakiken.or.jp/inada/food/index.html

墓石の石材として人気のある、「稲田石」というのはご存知でしょうか?聞いたことがあるという方も多いと思いますが、近年墓石としての需要が高まっています。稲田石は、茨城県笠間市の稲田という地方で採掘される、中目白御影石という種類の石材です。花こう岩の一種で、愛称「石切山脈」と呼ばれる山で多く産出されています。産出量が圧倒的に多いのが福島県で、墓石よりも建築物に使用されることの多い石です。ここでは、稲田石について特徴や用途、墓石に使用した時のメリットやデメリット、またその価格まで詳しくまとめました。これから墓石を購入予定の方や、稲田石に興味のある方は是非参考してして頂きご検討くださいませ。

1. 墓石に稲田石がおすすめの理由

お墓の墓石にするなら「稲田石」がおすすめということで、その理由を探っていきたいと思います。「稲田石」は日本で一番の産出量を誇る石なのはご存知でしょうか?日本の地質の中で産出しやすい石であり、墓石や建築物にも使用しやすい石だということです。

日本の地形の中で産出しやすい石が「稲田石」ということで、そのことから日本の主要な建物には必ずと言って良いほど稲田石が使用されているのは間違いありません。例えば、あらゆる災害を考えられて造られている銀行の中で「日本銀行」や、多くの人々が行き交う「東京駅」に稲田石が使用されていることは有名です。

稲田石を使用した墓石がおすすめな理由は、色々とあります。まず、白御影石は縁起が良い石だということです。お墓に“縁起が良い!?”と困惑される方もいるかもしれませんが、家族を見守ってくれるご先祖様が眠るお墓です。神聖な場所に使用されることの多い稲田石ですので、その面から考えると墓石に使用する石として最適です。

また、縁起が良い石でもありながら、他の石材と比較するとリーズナブルな価格で購入できるというのも人気の理由のひとつです。日本で一番の採掘されている石ということで、その量が多いことで、良質な石ながら安価で購入することが可能です。大切なお墓ですから、ただ安い価格で購入できるだけでなく人気になる理由がきちんとあるのです。

2. 稲田石の特徴について

墓石や建築物に使用される石材として人気の「稲田石」は、このように色々ないしとしての特徴があります。

水晶の成分の割合が多い

稲田石の特徴として有名なのが、水晶の成分の割合が多いことです。水晶は鉱物名で言うと「石英」と言います。水晶はアクセサリーや占い、神聖な石として使用されている石です。その水晶の割合が稲田石は36%以上を占めています。墓石に神聖な水晶が含まれる石を使用するというのは、とても適していると考えられています。

「白色」の色合いが神聖

仏閣や神社などの建物や建築物にも使用されている稲田石ですが、その白色の色合いが縁起が良い石と認知されています。稲田石は「石英」・「雲母」・「長石」と言われる3種類の鉱物が組み合わさり構成されています。その割合が絶妙で、「白い貴婦人」と愛称があるほど美しく気品あふれる白御影石です。

結晶が均一

稲田石はその見た目の美しさからも分かるように、結晶が均一です。イコール表面に見える模様は似た配列でくっつき合っているので、どの石場を切り出したとしてもほとんど同じ柄になっています。これは、墓石や建築の石材としても最も優秀な性質で、柄を均一にそろえやすいということが言えます。

耐久性がある

大量に産出される稲田石は、価格も安定していて他の石材と比較すると安価で購入することが可能です。安価なので、その性質は他の石と比較して劣るのか?というとそんなことは全くありません。例えば稲田石は、珪酸分(Sio2)77%と酸性雨に強く、吸水率は0.26%と低く、破壊物にたいしては150tもの耐力があります。このように、耐久性にも優れていて、日本の四季のある風土にも適している石だということが分かります。

3. 産出量NO1の稲田石の歴史について

稲田石は墓石や建築物の石材としてその特徴から人気の理由が分かったところで、稲田石の歴史についても少し触れたいと思います。

日本の石材の産出量で1番を誇る稲田石ですが、その歴史は古く、稲田石が形成されたのは今から約6,000万年前と言われています。世界基準で見ると、とても新しい花こう岩であると言われています。それは、他の大陸で産出されている花こう岩がとても古いことを考えると、日本の大陸の形成は比較的新しいものだということが分かります。

稲田石が日本で使用しはじめたのは、江戸時代の頃です。その頃は城などの建築に使用されはじめて、石材として積極的に採掘され始めたのは明治時代と言われています。日本の現在の姿を形成したのは、この稲田石があったからと言っても過言ではないくらいありとあらゆる場所に使用されています。

例えば、私たちの生活の移動手段と欠かせない鉄道や、車の移動には欠かせない国道、海の交通の港の構築などにも使用されています。歴史的な建築物で言えば、明治40年に建てられた日本橋の橋げた部分や、明治35年に建てられた三井銀本店など色々な場所で稲田石が使用されています。他には、最高裁判所や明治神宮、広島平和都市記念碑など主要な建築物も多数作られています。

このように、主要な建築物に稲田石がふんだんに使用されているということは、それだけ石材として耐久性などに優れ、信頼の置ける石だということが伺えます。

4. 稲田石を使用した建物について

稲田石は色々な建物に使用されているとご説明しましたが、ここではさらに詳しくどのような建物に使用されているのかご説明します。

東京駅

稲田石は鉄道の普及にも貢献した石でもあります。1872年10月14日に初めて、日本で鉄道が開業されました。東京駅の初めの名前は「中央停車場」と言われていて、色々な議論の後に地名でもある認知度の高い名称ということで1914年12月5日に「東京駅」と発表されました。開業までわずか2週間前のギリギリまで、その名称は議論されていたようです。その東京の象徴的な「東京駅」には、色々な場所に稲田石が使用されています。

靖国神社本殿

1924年大正13年には靖国神社の本殿が建設されました。東京の千代田区九段にある神社で、日本の歴史的な建築物でもあります。この靖国神社の本殿にも、稲田石が使用されています。季節毎に色々な行事が行われて、多くの参拝者や観光客が訪れるスポットとして人気があります。

大村益次郎銅像の台

幕末の長州藩の医師として有名な「大村益次郎 おおむらまずじろう」の銅像の台にも、稲田石が使用されています。維新の十傑(いしんのじっけつ)と言われる、明治維新に関わった人物の一人でもあります。あまり頻度良く耳にする名前ではないという方も多いと思いますが、日本の時代が変わる際に色々な部分に関わったとされる人物です。 このように、稲田石は建築物などを形成する土台から、色々な場所で使用されています。

5. 気になる稲田石の石質とは

日本で産出量NO1!価格はリーズナブルだけど、良質な石材として良いところばかりが目立つ石材なのが稲田石です。そこまで高評価される理由には、稲田石のこのような石質が関係していました。

稲田石とは、花こう岩と言われる鉱物です。3つの鉱物によって形成されていて、その鉱物は「石英」・「黒雲母」・「長石」と呼ばれる3種類です。稲田石に含まれるそれぞれの鉱物の割合は、石英は約34%、黒雲母が約4%、長石が約62%、その他数%が含まれています。

「白の貴婦人」と呼ばれる理由には、長石のきれいな白色と、水晶の透明度が反映されている石英の薄灰色の美しさ、その白さを引き立たせる黒雲母の深い黒色のコンビネーションが深くかかわっています。花こう岩である稲田石は、地球の内部にある真っ赤なマグマが時間をかけてゆっくりと冷えて固まってできたものです。この冷え固まる時間イコール、それぞれの鉱物の形成の時間と言えます。

稲田石を形成する、それぞれの鉱物のバランスのおかげで、磨き上げた際の光沢の輝きや、表面の柄の均一の美しさは他の石と比較すると群を抜いています。また、墓石や建築物の資材に良く使用されている理由として、その加工のしやすさもあります。加工しやすいのに、耐久性に優れているのは稲田石ならではの特性です。

6. 稲田石の耐久性年数について

稲田石は加工もしやすいのに、耐久性にも優れている石です。しかし実際のところどのくらいの耐用年数があるのか気になりませんか?江戸の頃から私たちの生活に深く関係してきた稲田石の、耐用年数をご説明致します。

稲田石は江戸時代のお城や神社などの建築に使用されてきた石です。古い建築物では何百年も昔から使用されているものがありますが、明確な年数が分かりません。そこで、稲田石の需要が高まった明治時代の建築物で確認していきましょう。靖国神社にある飯村益次郎の銅像は、1893年(明治26年)に建てられました。この土台に使用されている白い石が、稲田石です。現在は2018年なので、今から125年前に作られたものです。この銅像の土台から考えると、耐久年数は100年以上が軽くあるということが分かります。

基本的に雨風や日光などにずっとさらされ続けてきているものです。色々な天災も乗り越えて、今に至るわけですからその耐久性もこの土台で証明できます。墓石に使用することを考えると、定期的な掃除やメンテナンスをすると考えたら数百年先でもその姿や色をほぼ変えずに使用していくことが可能なのではないでしょうか?

7. 稲田石の産出量を支える採石場

日本の石の中で、三大花こう岩として有名なのが、花こう岩のダイヤと呼ばれる香川県高松市の「庵治石 あじいし」、茨城県の「真壁石 まかべいし」、愛知県の「岡崎石」です。どれも稲田石と同様花こう岩なのですが、それらの花こう岩よりも産出量が多く需要がたかいのは圧倒的に「稲田石」です。

稲田石の丁場と言われる採石場は、「石切山脈」と相性で呼ばれています。その石切山脈は、茨城県笹間市稲田という場所が有名な産地です。この山脈一体には、良質な稲田石が豊富に存在しています。2020年の東京オリンピックを目前に、再度稲田石の需要も高まっています。

この石切山脈地帯は、日本の中でも最大級と言われる採石場で、石を採掘する業者も日本の中で1番です。江戸時代から需要のあった稲田石は、一体どの位の石材資源が存在しているのでしょうか?何百年にも渡って採掘されている稲田石は、その周辺の地下数キロに渡って存在していると推定されています。これから50年以上は、その石材資源は持つとも言われています。

稲田石の需要がNO1になった理由としては、その採石場が需要の一番多い東京などの関東圏の主要都市が近かったことも影響しています。採石してから運搬までが容易に行えることもあり、このオリンピックでもさらに稲田石の需要は高まる見込みです。

8. 稲田石の価格について

日本最大の産出量を誇る稲田石ですが、他の石材と比較して安価な値段で購入することができると言われています。安価な値段と言っても、実際にいくらくらいの価格で販売されているのか?というのは、とても詳しい方や稲田石が好きな方でないと、中々良く分かりません。そこで、稲田石を墓石として購入しようと検討されている方や、これから墓石を探そうと検討されている方など参考にしてもらえる、稲田石の参考価格をご紹介します。

墓石の平均的な価格を調べようと思った際に、皆さんも感じると思われますが、一般的な価格が分からないことが多いのです。その理由として、特に石の価格が決まっていないことが理由としてあります。しかし、購入する側としては適正価格が分からないので正直不安です。現段階で手段としては色々な墓石業者に見積もりをしてもらうということが、一番の判断材料になってきます。

しかし、参考までに通常の石業者が提示している価格として、国産の稲田石で様式の壇がないタイプの墓石で90万円前後から用意されているようです。墓石の周りの石も含めてなので、墓石だけで数十万円や数百万円する石と比較するとリーズナブルな値段でお墓が作れることが分かります。稲田石の場合は、石質の差があまりないのでその辺りは、国産の稲田石というブランドであれば安心して購入が可能です。

9. 稲田石の墓石を購入する際のメリットとデメリット

稲田石で墓石をご購入検討されている方や、これから墓石をお探しの方などへ、墓石を稲田石で購入するメリットとデメリットを比較してみました。

9-1.墓石が稲田石であるメリット

墓石に稲田石を使用した際のメリットは、色々ありますのでまとめました。

硬くて丈夫な石

稲田石は硬度が高く、耐久性に優れている石です。例えば数字的なもので見ると、耐屈強度は24.413t、耐震強度は235.0t、凍結率は0.016と過酷な状況においてもその耐久度が強いことが分かります。

吸水率が極めて低い

稲田石の吸水率は極めて低く0.26%と、雨などの水に対しての影響もほとんど受けない材質です。吸水率が低いことで、墓石の浸食を防ぎ、カビやコケなどの発生を最大限予防します。

加工しやすい石材

稲田石は加工のしやすい石材です。墓石のために、好きな形にカットしたり、磨きをかけたりするのも他の石材と比較しても加工しやすく自在に形を形成することが可能です。石としては珍しく、3種類の鉱石が組み合わさってできている石材なので墓石にとっては最適です。

価格が安い

他の石材と比較して稲田石は価格が安いことがメリットのひとつです。産出量が多いため、良質な石材にもかかわらずリーズナブルな価格で購入できると人気があります。気を付けたいことは、墓石業者によってその価格はまちまちですので、墓石を購入される際は幾つかの業者に見積もりをとって比較されることをおすすめします。

9-2.墓石が稲田石であるデメリット

稲田石のメリットは色々とあることが分かりました。次は、デメリットを知ることでさらに稲田石の知識を深めていきましょう。

中国産の石が酷似している

中国からも多くの石が輸入されているのをご存知でしょうか?中国産は国内産に比べて、その価格は圧倒的に安いのです。また、稲田石に酷似した中国産の石があります。比較してみないと全く分からないぐらいの石ですので、ただ安いからと言って購入したら、中国産だったということも良くあります。見分けるポイントですが、国産の稲田石と中国産の石を比較してみると中国産の石の方が黄ばんで見えます。それはおそらく中国産の石には鉄分が豊富に含まれているからだと思われます。また、その鉄分の多く含む性質を利用して強力な磁石を付けてみると中国産の石には貼りつくことが分かります。悪質なブローカーも存在しますので、墓石を購入される際はお店の評判や口コミ、実績などを調べて信用のおける業者を利用されることをおすすめします。

お墓の雰囲気が白色

稲田石の特徴として、きれいな白色があげられます。ダーク色のお墓を希望されている方には全くイメージと異なるお墓になってしまうのでおすすめできません。石としては神聖な神社や仏閣などにも使用されている石ですので、品位としては問題ありませんので、イメージに合わせた墓石選びをおすすめします。

10.まとめ

稲田石は茨城県笹間市の稲田エリア一帯の、山脈地域で豊富に産出される石の種類です。その一帯は、愛称として「石切山脈」とも呼ばれています。日本で石の産出量NO1、石の業者NO1の数を誇る稲田石は、関東圏を中心に墓石や建築物に使用されています。代表的な建築物であれば、最高裁判所や東京駅などを始めとする公共施設や、寺院・仏閣、銀行、橋などありとあらゆるものに使用されています。

稲田石の特徴として、硬度が高く、吸水率が低いので屋外の墓石や建築物などに適した石材で、さらに加工がしやすいという性質もあります。稲田石は花こう岩という鉱物に分類されるのですが、主に「石英」・「黒雲母」・「長石」の3種類の鉱物から形成されています。それぞれの結晶の結びつきは密度が高くて、見た目の模様も均一できれいなため、石の品質も模様で左右されることがないのも稲田石の特徴です。良質な石材ながら、産出量が多いため、他の石材と比較して安価で購入できるというのも人気な理由のひとつです。

関東の主要都市から採石場が近いということもあり、ここまでの産業の発展を遂げたとも言われています。2020年の東京オリンピックを目前に、新たな施設の建設も大幅に予定されているので、さらに稲田石の需要も高まっていくのではと考えられています。先祖代々受け継いでいくお墓ですので、永代に渡って美しく保てる墓石として稲田石がおすすめです。