進化する現代のお墓事情~墓地や霊園も進化しています


time2015/05/27

進化する現代のお墓事情~墓地や霊園も進化しています

「暗い」「怖い」といったマイナスイメージがつきやすい墓地・霊園でしたが、近年は、きれいに整備され、和型・洋型だけでなく様々なデザインのお墓が建立されており、マイナスイメージを連想させるような墓地・霊園は減りつつあります。

これには理由があり、洋型は縦型の和型に比べ背が低く横に広がっているので、地震で倒れにくいこと、公園墓地の普及により洋型・デザイン型が増えつつあるとされています。

個性的で多様化するデザイン

和型・洋型に比べると、まだまだ需要が少ないデザイン墓ですが、以前に比べると増加傾向にあります。最近は石だけではなく、ステンドグラスなどといった素材も併せて使って墓石を建てる方たちもいらっしゃいます。

デザイン墓は、予算内であれば自分たちの好きな形にすることができ、好きな言葉を刻むこともできます。
故人が生前やっていた仕事、好きだった花、趣味などを形にすることができるのがデザイン墓の利点の1つとも言えます。

例えば、亡くなった方がバイクに乗ることが好きだったのであれば、乗っていたバイクの形に。ピアノの先生であったのならピアノの形の墓石にするといった、ひと目で故人の事が思い出される墓石の形もいいかもしれません。

このようなお墓が増えている理由

ではなぜ、このようなデザイン墓が増えているのでしょうか。これまでは、デザイン墓の希望を聞いてくれる石材店が少なかったのですが、近年になって、デザイン墓の希望を聞いてくれる石材店が増えてきました。また、他の家族の墓との差別化を図り自分たちの墓だと分かりやすくするためだとも言えます。

遺族は、亡くなられた方との思い出や、故人が生前に好きだった物を形にし、亡くなる前にお墓を建てた人は、残された者へのメッセージを墓石に刻むといった、お互いに伝えたい言葉や物を墓石に刻み形にすることで、家族への愛、故人へ愛の形を表現できるようになりました。

その他にもデザイン墓にし、従来の重苦しい雰囲気を取り払うことで、いつでも気軽にお参りに来ていただきたいという故人や遺族の思いも込められていると言われています。

散骨や納骨堂などといった簡素化が進む一方で、このような家族の絆を深めるために“自分たちらしい”お墓を建てるといった家族も増えています。

お墓だけじゃない 墓地や霊園も進化

進化しているのは墓石だけではありません。墓石を建てる霊園や墓地も昔とは変わりつつあります。 せっかく家の近くにお墓を建てても、墓地・霊園が段差だらけでは、ご高齢の方や車いすの方にとっては危険で、お参りするだけでも一苦労です。

たとえ今は元気な方も、いずれは足腰が弱り、お墓参りに支障が出てしまい、足が遠のいてしまうかもしれません。

そうなってしまうと、せっかく建てた家族の象徴となるお墓・ご先祖様が悲しんでしまいます。

そうならないためにも、ご高齢の方や車いすの方がお参りしやすいように、バリアフリーにし、雨の日でも滑らないようになっているなど、安全にお参りができるようになっている墓地・霊園が増えています。

お墓を建てる際、立地条件はもちろんですが、お墓参りに来られる方たちが安全にお参りできる所なのかも考えて、墓地・霊園を選ぶようにしましょう。


詳細はこちら一覧へ戻る

関連記事関連記事

おすすめ記事おすすめ記事

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

お墓ディレクター2級