墓じまい特集~永代供養編~


time2015/11/02

墓じまい特集~永代供養編~

墓じまいをしたあとのお骨の行き先の一つとして、永代供養という方法があることをご存知ですか?
お寺や霊園が、自分が亡くなったあとも供養や管理を続けてくれるという便利なシステムです。
一口に永代供養といってもその供養の仕方にも種類がありますので、きちんと理解をした上で自分に合った方法を選びましょう。

永代供養とは?

お寺や霊園が、自分の代わりに永代に渡って管理してくれるというもので、初めに費用を払えばその後の管理費などは基本的に必要ありません。
跡継ぎがいなかったり、子供に迷惑をかけたくないなどといった理由で、自分の代でお墓を処理したいという方や、毎年のお墓参りが難しくなってきたという方などにとてもお勧めの方法です。

永代供養のお墓は、「永代供養墓」と呼ばれ、納骨方式の違いによって、「合祀型」「集合型」「個別型」の3種類があります。
どれも共同墓地でお墓を建てる必要がない分、費用が割安です。
価格は平均30万円から50万円ほどで、個別型が最も高くなります。

個別型

骨壷を置くスペースが仕切りで分けられているタイプ。
通常の墓石のようなお墓のような見た目のものや納骨堂などがこれに含まれます。
お骨が個別のスペースで分けられているため、好きなときにお参りできることや、契約期間内であれば再び取り出すこともできるのが利点です。
従来型のお墓の場合には、夫婦や家族で入ることもできます。
他のお骨と混ざるのは抵抗があるという方へもお勧めの方式です。

注意点は、数に限りがあるため、一定期間期間を過ぎると他のお骨とまとめられ「合葬」されることがほとんどであることです。
期間は、一般的に30年~50年ほどで好きな年数を設定できるようですが、33回忌の場合が多いようです。
合葬されると、他人のお骨と混ざり土へ還されます。お骨を取り出す、ということもできなくなるため、理解した上で契約をしましょう。

集合型

骨壷を安置する場所が個別型と違い共有になっているタイプで、一見ひとつのお墓のように見えて、下には共有の場所で骨壷が安置されます。
個別にミニ墓石が立てられる場合や、中央にモニュメントのようなものが立てられることが多いようです。
あとから個別でお参りをすることができませんが、(ミニ墓石の集合体の場合はできる場合もあるようです)お骨を再度取り出すことはできるので、個別型より費用を抑えたい方にお勧めです。

ただし、こちらも一定期間ののち、合葬されることがほとんどになります。

合葬(合祀)型

永代供養墓の中で最も多いタイプで、初めから他の方の遺骨と一緒に埋葬されます。
骨壷を用いないでお骨を直接地中に埋めるため、後から取り出すことができません。
トラブルを防ぐため、特に親族間で話合っておくのがよいでしょう。
管理スペースを必要としないため、最も費用は安価になります。
費用面を重視する方で、他のお骨と混ざることに抵抗がないという方へはお勧めです。
埋葬された地上には、モニュメントのようなものが立っていることが多いです。
最近では、樹木葬といって、樹木を植える方法も広まってきているようです。

まとめ

費用が比較的安価な点や、自分の代わりに管理してくれる人がいるという点で、墓じまいの後のお骨の行き先として散骨と並びお勧めの方法である永代供養墓。
ただし納骨の仕方だけでも違いがあり、供養の期間などもお寺や霊園などによって変わってきます。
最終的には他のお骨とまとめられる合祀型になることが殆どですが、後悔しないためにはしっかりと親族間で話し合うことや、住職・霊園の管理者へ確認をしましょう。


詳細はこちら一覧へ戻る

関連記事関連記事

おすすめ記事おすすめ記事

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

お墓ディレクター2級