ペットの供養方法とお墓ってどうするの?


time2015/08/19

ペットの供養方法とお墓ってどうするの?

ペットの供養の仕方について考えたことはありますか?

人間と違って、法律で定められていないため、昔は庭に埋めるのが一般的でしたが、最近では人間と同じように、火葬してきちんと供養するのが主流になってきています。

方法が定められていない分、庭にお墓を建てる、アクセサリーとして持ち歩く、散骨する、ペット霊園に埋葬するなど様々な方法があります。

デザイン性が高いものも多く、ライフスタイルに合わせて最適な供養の方法を選びましょう。

手元供養

ペットの一部を、おしゃれな骨壷やアクセサリーに加工して身近に置いたり、自宅保管可能なお墓という形で手元で供養することができます。

ペットと離れがたく、身近に置いておきたい・賃貸住まいでペットを埋葬する庭がない・出張や転勤で移動が多い・維持費の問題で霊園や納骨堂の利用が難しいといった方にもおすすめの方法。

代表的なものをいくつかご紹介します。

自宅用のお墓

・オブジェ

report_4601_img

一見、ペットのかわいらしいオブジェですが、中に遺骨を納めることができます。

・自宅用にコンパクトになったお墓

report_4602_img

通常のお墓に近いデザインですが、コンパクトなサイズで、庭や室内にも置けるタイプのものです。

・カロート(納骨)タイプ

report_4603_img

アパートやマンションで庭に納骨できない人や、骨壷をそのままにしている方へおすすめのタイプ。

加工タイプ

report_4604_img

遺骨を加工してペンダントにすると、いつも身につけておくことができるほか、遺骨の管理のしづらさもクリアになります。見た目もおしゃれでオリジナリティのあるものが多くあります。

ペット霊園

自宅ではなく、きちんとした場所に埋葬しようと思った時にはペット霊園と呼ばれる、ペット専用の墓地に埋葬するのが一般的です。基本的には人間のお墓と同じ扱いのものです。

合同で埋葬される方法や、遺骨が混ざるのに抵抗がある方は、ロッカー式や棚型の納骨堂、人間と同じように、個別のお墓を立てることができます。

散骨

粉骨した遺骨を、海や山、自宅の庭先などに撒く方法です。人の葬儀の一つとしては既に浸透しているものが、ペットにも広まるようになりました。

自然に返すのが一番という方へはこの方法がオススメかもしれません。

おわりに

ペットも、人生を共にしてきた家族の一員です。ペットとの別れは悲しいものですが、基本的には、人間と同じように埋葬することができるので、生前からどのような方法をとるか、しっかり考えておくのもよいかもしれません。


詳細はこちら一覧へ戻る

関連記事関連記事

おすすめ記事おすすめ記事

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

お墓ディレクター2級