お墓の方角、どちらに向けばいいの?


time2015/05/25

お墓の方角、どちらに向けばいいの?

寝るときに「北向きで寝ると縁起が悪い」とされていました。これは、お釈迦様が入滅した際に北枕にしたからだといわれています。

北側は、涅槃(ねはん)の方角であり、お釈迦様がそちらに頭を向けて入滅したことから、死者の方角とされてきたようです。
しかし、現在では風水的にも北向きは良いとされていたり、北向きに寝る事で地球の磁力線に沿って血行が促されるといった話もあり、必ずしも悪いとは限らないようです。
では、お墓はどうでしょうか?

お墓の向きに良い悪いはあるのか?

墓石の色や形、立地・墓所や文字の入れ方といった様々な観点からお墓がもたらす吉凶を説くといわれる「墓相」

その中には、「お墓の向きは◯◯がいい」と方角を指定するのもあります。その方角にしないと残された家族や友人に不幸が訪れるというものです。
墓地や霊園でも、お墓を建てる方角によって値段が異なる所もあります。

しかし、こういった「墓相」と呼ばれているものは、ご先祖さまを敬うためや作法を守るための言い伝えからくるものなので、特に気にしないのであれば、どの方角でも問題ありません。

しかし、墓地や霊園で方角が決まっているのであれば、その方角に従いましょう。また、ご先祖さまが亡くなる前に「方角は◯◯がいい」と言っていたのであれば、その言葉どおりに埋葬するのもいいのかもしれません。

西向きが良くないという理由

お墓の方角でよく耳にする噂は「西の方角は良くない」

この噂はどうなのでしょうか?

もちろん、西の方角が良くないということはありません。

方角も含めた「墓相」というのは昭和初期から始まったと言われており、お墓の持ち主の家族の運勢を見ていたという説があります。いわゆる占いの”はしり”みたいなもので、仏教的な意味もなければ統計的な根拠もありません。

西向きが良くないとされる理由の1つとして、お墓に拝む際の向きではないかと思います。

仏教では「西方浄土」と言われ、仏様が西方にいるとされています。お墓を東向きに建てると、西向きになり仏様を拝むことができるということでしょうか。しかしこれも、亡くなった方を仏様がいる西側に向けるのか、亡くなった方がいらっしゃると思われる西を拝む方がよいのか解釈が分かれるところです。

宗教的な話をしましたが、実はこの方角の話の裏は単純なところにあります。

方角 = 日当たりの問題です。

東~南向きにすると、日当たりが良く水はけが良いので、湿気が少なく清潔な環境になるということから、その逆の西~北は良くないとされているようです。

しかし、決して東~南だけがいいというわけではありません。日当たりが良くて風通しがいいのであれば、どの方角でも構いません。そもそも仏様は「四方浄土」と言われるように、東西南北においでになるですから、方位に吉凶はありません。

方角がどうしても気になる方はどうすればいいのか

墓地によって様々ですから、方角は気にしないのが一番と言えますが、様々な媒体で調べ、気にされてしまう方も多いようです。

先述しましたように、お墓の色や方角といったものは、昔の人の占いの一種であったり、先祖を敬うためや礼儀を守るためにつくられたといっても過言ではありません。

しかし、どうしても気になるという方は、球体の墓石を造られるといいでしょう。球体は「四方正面で方位の吉凶を超える」と言われているためです。また、魔除け・方位の災いを取り除くとされている灯籠をお墓に付けるのもいいでしょう。

それでも落ち着かないというのであれば、墓地や霊園の管理の方、お近くの住職の方にご相談してみましょう。

くれぐれも、方角を気にするあまり墓地や霊園のルールに反して自分だけ違う方角の墓地にするということはやめましょう。


詳細はこちら一覧へ戻る

関連記事関連記事

おすすめ記事おすすめ記事

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

お墓ディレクター2級