お盆に墓参りをする理由


time2015/06/24

お盆に墓参りをする理由

今やお盆は、死者に供物を捧げて追善供養をする行事として、年に一度のイベントになっています。お盆が来ると実家に帰り、両親や親戚と美味しいご飯を食べ、ご先祖様を供養するために集まります。

年に一度、あの世からご先祖様が帰ってくる日ということで、お墓参りをする方も多いのではないでしょうか。しかし、なぜお盆にお墓参りをするのでしょうか。

お盆の始まり、盂蘭盆経

お盆の正式名称は盂蘭盆(ウラボン)といい、インドのサンスクリット語「ウランバナ」(逆さに吊るされた苦しみという意味)が起源とされています。この盂蘭盆の発祥に関わる物語として、釈迦の10大弟子の一人、目蓮尊者の話があります。

修行によって神通力を使いこなせるようになった目蓮は、亡き母の姿を求めて世界のあちこちを探し始めます。

しかし、どこを見渡しても母の姿をみつけることができません。やっとの思いで見つけた母は餓鬼道に落ち、飢えと渇きに苦しみ続けていました。目蓮は神通力をもって母を救おうとしますが、すべてが燃えあがる餓鬼の世界では何もかもが無意味に終わってしまいます。

追いつめられた目蓮は釈迦に救いを求めます。

生前、目連の母は裕福であるのに、飢餓で苦しむ人々を見捨ててきました。餓鬼道に落ちた理由として母の罪を指摘した釈迦は「7月15日、安居を終えた僧たちに食べ物や寝具を施しなさい」と説きました。

これを目連が実践すると、母は苦しみから開放され成仏したといわれています。この話は「盂蘭盆経」の中に記述され、盂蘭盆の始まりになった物語として今も語り継がれています。

お盆の墓参り

亡き母の罪を目蓮が背負い償うことで、母だけでなく目蓮自身も苦しみから救われるという物語は、今のお盆の基礎をつくりました。

地方や田舎では、盆棚をお盆に用意する風習があります。この盆棚は、ご先祖様に供物をお供えするための棚を用意し、農業の豊作を祈ったり、餓鬼道に陥った霊を慰めたりするためのものです。

こうした文化が今もこうして残っているのは、「盂蘭盆経」の先祖崇拝の思想が日本人の心に残っているからではないでしょうか。

お盆というご先祖様が年に一度あの世から帰ってくる日に、ご家族でお墓参りをし、ご祖先様の成仏を目連尊者の話を思い出しながら祈ってみてはいかがでしょうか。


詳細はこちら一覧へ戻る

関連記事関連記事

おすすめ記事おすすめ記事

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

お墓ディレクター2級