染井霊園~美しい桜の霊園~


time2015/06/08

染井霊園~美しい桜の霊園~

江戸時代から続く日本の歴史を体感できる場所、それが染井霊園です。
染井霊園の魅力はそれだけではありません。
桜の名所として毎年多数の人が訪れるこの霊園は、多数の樹木と花が参拝者を楽しませてくれます。

昭和の美術・文学・政治の世界に名を残した有名人が眠る染井霊園。
単に日本の歴史に触れることができるというだけでなく、園内を散歩するだけで多数の樹木からエネルギーを受け取れそうな気がする場所です。

染井霊園とは?

染井霊園は、東京都の豊島区にある都営の施設。
現在でも旧称の「染井墓地」と呼ばれることが多いようです。
もともと水戸徳川家の墓所であり、ゆかりのあるお墓が多数存在します。
約5500基のお墓がある染井霊園ですが、東京都が運営している霊園のなかでは、最も規模が小さい埋葬施設です。

JR駒込駅の北口から、染井通りを北へ徒歩約10分で到着します。
周辺には他の寺院が運営している墓所も。
そのため本来は別の場所(慈眼院)にある芥川龍之介などのお墓が、染井霊園にあると紹介されるという事態も発生。

美術家の岡倉天心、詩人の高村光太郎など芸術の分野で高名な人も眠っている染井霊園、その他にも歴史の証人とも呼べる多数の有名人が埋葬されている墓所です。

染井霊園の魅力

桜の品種として知られる「ソメイヨシノ」の発祥の地といわれている染井。
その染井にある霊園らしく、園内には一部が桜並木となった遊歩道があり、地元では桜の名所として知られた存在です。

桜の時期を外れても、歴史を感じさせる多数の樹木の青葉にあふれた園内は、散歩をするだけでも楽しめる場所。
園内にはボランティアの皆さんが育てた多くの花が、季節ごとに異なる色で参拝者を楽しませてくれます。

お花見の季節(今年は3月25日〜4月8日の期間でした。)には、桜のライトアップまで行う染井霊園。
交通の便も良く、毎年多数の人が夜桜の見物で訪れる有名スポットです。

染井霊園は有名人が眠る霊園

その長い歴史に応じて、歴史に残るような功績を上げた有名人が多数埋葬されている染井霊園。
例えば岡倉天心のお墓には「永久の平和」という墓碑銘が刻まれています。
また墓石の表面に「高村氏」と刻まれている高村光太郎のお墓には、彼の妻であった智恵子と父親(彫刻家の高村光雲)も一緒に埋葬。

作家の二葉亭四迷のお墓は先端が丸く大きな墓石に、彼の本名である「長谷川辰之助」という名前が刻まれています。
そして水戸徳川家の墓所は、園内の一角にある広い敷地に、たくさんのお墓が並んでいます。

染井霊園のすぐ側にある慈眼院には、芥川龍之介や谷崎潤一郎などのお墓も。
多数の文化人のお墓を訪れることができる点がこの地域の特徴です。


詳細はこちら一覧へ戻る

関連記事関連記事

おすすめ記事おすすめ記事

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

お墓ディレクター2級