小平霊園~参拝者に優しい霊園~


time2015/06/06

小平霊園~参拝者に優しい霊園~

敷地の半分が緑豊かな公園として運営されている小平霊園は、交通アクセスの面では非常に便利な場所にある都営の施設。
多数の著名人が静かに眠っているこの場所は、豊かな自然が訪れた人の心を優しく癒してくれるでしょう。

お墓の清掃に必要な道具の無料貸出を行っているため、掃除道具を持参しなくてもお墓を清掃できます。
このように、参拝者にとっても優しい霊園として魅力的な小平霊園。
樹林墓地、樹木墓地にも対応しています。

小平霊園とは?

小平霊園は、東京都の小平市、東村山市、及び東久留米市にまたがって運営されている都立の施設。
実際に墓地として使用されているのは敷地全体の半分程度であり、その他の部分は緑の豊かな公園として運営されています。

日本の歴史を語る上で外すことができない多くの政治家、実業家及び文化人が静かに眠っているこの霊園。
都立霊園では初めてとなる樹林墓地(合葬埋蔵施設)の運営を、2012年に開始しました。
2014年からは、個別埋蔵を行う樹木墓地の募集も開始。
樹林墓地、樹木墓地とも格安の費用で埋葬できる点が人気です。

小平霊園の魅力

小平霊園の特徴の1つが、お墓参りに必要な多数の道具を無料で貸出してくれるサービスの存在。
管理事務所の玄関前に置いてある道具は自由に利用できます。
例えばホウキ・チリトリなどの掃除道具だけでなく、墓石を清掃する際に必要となるバケツ・スポンジ・タワシなども用意されています。

管理事務所内には、剪定バサミ・ノコギリ・スコップなども用意されているため、職員の方に声をかければ貸し出してくれます。
さらに車いすも準備されているため、歩いての参拝が困難な人でも大丈夫。
交通手段は、西武新宿線の小平駅から徒歩約3分というところです。
園内にはケヤキや桜などの並木が続き、憩いの場所としても人気があります。

小平霊園は有名人が眠る霊園

小平霊園に眠っている多数の有名人。
正確な墓地の場所は管理事務所で配布している霊園案内図を確認すれば、すぐにわかります。
例えば第一次鳩山内閣(1954年発足)で防衛庁長官を務めた大村清一。
彼は神奈川県と長野県の知事も務めた人物です。

実業家であれば、角川書店の創立者である角川源義のお墓も小平霊園に。
その墓地には、俳人でもあった彼の読んだ句が刻まれた石碑が建っています。

野口雨情(詩人)のお墓には、彼の本名「野口英吉」と妻の名前が刻まれています。
伊藤整(小説家、翻訳家)のお墓は「伊藤家」と刻まれ横長にデザインされた洋風の墓石です。
活発な社会運動でも知られる宮本百合子(作家)のお墓は「宮本百合子」と名前が刻まれている墓石が目印になるでしょう。


詳細はこちら一覧へ戻る

関連記事関連記事

おすすめ記事おすすめ記事

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

お墓ディレクター2級