庵治石は海外からも高く評価されている最高級の石


time2015/06/01

庵治石は海外からも高く評価されている最高級の石

墓石を建てようと考えている方で、必ずと言っていいほど候補に上がるのが、この「庵治石(あじいし)」ではないでしょうか。

国内だけではなく、海外からも高く評価されている最高級の石です。

世界では「花崗岩のダイヤ」と呼ばれる、庵治石の特徴

庵治石の正式名称は「黒雲母細粒花崗岩閃緑岩」で、香川県木田郡庵治町で採掘され、日本三大花崗岩の1つとして知られています。その名は世界にも知れ渡り、「花崗岩のダイヤ」と呼ばれ、評価されるようになった石材です。

主成分は石英・長石の中に黒雲母が含まれており、まれに「斑(フ)」と呼ばれる模様が現れることがあります。

この現象は庵治石にしか現れることがなく、世界の石材の中でも珍しい現象とされています。

花崗岩は石材という観点から見ると細目(こまめ)・中目・荒目と分類され、きめが細かくなればなるほど貴重で、中でも「庵治石小細目極上」は庵治石の中で最もきめが細かく、希少な庵治石の中でも「希少」となり、価格も高くなります。

発掘してもわずか数%分しか墓石に使えない貴重な石

庵治石の採掘場の岩盤は亀裂が多いので使えない石が多く、採掘しても墓石に使われるのは、ほんの数%といわれています。

庵治石の原石には大きな塊が少ないため、様々な工夫や知恵を用いて色目・石目を合わせ、墓石に仕上げていきます。

加工するには長い時間と手間がかかる反面、膨張・収縮率が極めて低いので水を吸収しにくく、化学変化に強いので変色することなく、酸性雨にも強いとされるので表面が溶けて崩れて表面に刻まれた文字が読めなくなるということもありません。

庵治石の値段は貴重がゆえに高価だが、長持ちする人気の石

庵治石は墓石に適した石といえるものの先述しているとおり、採掘量が他の石に比べると少なく、墓石に使えるのがほんのわずかとされており、人気もある石なので、必然と値段が高くなってしまいます。

細目・中目・荒目でも値段が違うだけでなく、加工の方法や形によっても値段が変わってきます。さらに、お墓を建てる場所によっても運搬方法が変わってきますので、「この大きさでいくら」とは一概にはいえません。

庵治石を使った墓石を建てたい方は石材店に、お墓をたてる場所・どんなお墓にしたいか・大きさなどの希望を伝えた上で見積りを立ててもらうようにしましょう。

「青いガラス」=「庵治石ガラス」

庵治石ガラスというのをご存じでしょうか?

ガラスの原料に庵治石を混ぜてできたガラスです。色は青で、庵治石が採掘される香川県が面している瀬戸内海の青に例えられます。

庵治石ガラスは、作家の方が地元香川県に帰り、地元の物を使って、地元特有のガラスを作りたいと考えたときに、地元で採掘される庵治石を混ぜて試行錯誤の上できたそうです。

まさか庵治石を混ぜて青いガラスが出来上がるとは、作家ご本人も想像されていなかったそうです。香川県内でしか販売はされていませんが、通販もされているみたいなので、庵治石で造られた「青いガラス」を購入されてはいかがでしょうか?


詳細はこちら一覧へ戻る

関連記事関連記事

おすすめ記事おすすめ記事

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

お墓ディレクター2級