墓石の色の種類と選び方

墓石の色の種類と選び方

多数の種類がある墓石の中から、どれを選択すれば良いのかという問題があります。石種ごとに色や性質が異なります。それぞれの特徴からお墓全体のイメージに合致するものを選択するには、どのような部分に気をつける必要があるでしょうか?そのような疑問に答えるために、墓石の色ごとにどのような石種が存在するのかを解説します。どうやら地域によって墓石の色に対する好みが分かれるようです。それでも最近は個人の好みによって様々な色の墓石が使用されています。

墓石に使われる色と代表的な石種

墓石を選ぶ場合に重要なポイントになるのがその色です。どのような色の墓石があるのかを以下に挙げます。

・灰色系
もっとも一般的に使用されている色です。石種としては岡崎御影、小松石、新八光などがあります。

・白色系
古くから縁起の良い色として関東では特に好まれているようです。石種としては庵治石(あじいし)、インド銀河などがあります。

・黒色系
最近人気のある色の1つです。石種としては山西黒、インド黒、エボニーブラックなどがあります。

・赤色系
最近人気のある色の1つです。石種としては中国マホガニー、マルチカラーレッド、ニューインペリアルレッドなどがあります。

・青色系
特に関西では好まれているようです。石種としてはフィンランドグリーン、インドアーバングレー、吹雪石などがあります。

墓石の色の選び方とポイント

墓石を選択する際に考慮すべき点は、完成時のイメージに合致した石を使用するということです。石は時間が経過すると色が変わります。それも頭に入れて選択する必要があります。一般的に墓石に使用する石の特徴として「硬度が高い」「吸水率が低い」ものが良いと言われています。長年自然環境の中にあるわけですから、丈夫なものが求められます。また雨や雪などにさらされる環境では、できるだけ水が浸透しにくい石種の墓石が望ましいでしょう。墓石の中に水が浸透すると、表面のひび割れやサビの原因になることがあります。さらに墓石の色ができるだけ変化しないということも重要です。建立されてから数年経過したお墓を実際に確認すれば、その石種の耐久性を確認できます。

地域や時代で人気の色は変化する

墓石の色は、その素材によって異なります。一般的には地方ごとに産出される石を墓石として利用しているため、地域によって使用される墓石の色も様々です。地域の特徴としては白からグレー系を好む関東と、青系を好む関西に分かれます。以前は縁起が悪いとされていた黒系、赤系も人気が出てきました。デザインに関しても、定番となっている型式以外の比較的自由なものが増えているようです。時代とともに好まれる墓石の色とデザインも変化しているようです。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級