お墓の付属品まとめ

お墓の付属品まとめ

墓石の石種やデザインを決定しても、それだけではお墓は完成しません。実は墓石以外にも10種類以上の付属品が存在します。それぞれが独自の目的で設置されるものです。そのなかには法要や参拝の際にかならず使用するものと、必要に迫られてから準備しても構わない性質のものがあります。付属品のそれぞれの目的と、どの程度お墓にとって必要であるかを具体的に解説しています。これからお墓を建てる必要がある人には参考になる情報です。

お墓の付属品一覧

・塔婆立(とうばたて)
納骨、法要、供養を行う際に、施主や参列者が持参した卒塔婆を立てるために必要となります。

・香炉、香立
線香を供えるために設置します。線香を横に寝かせて供える香炉と、立てて供える香立があります。

・拝石(はいせき、おがみいし)
参拝者が墓石を拝む場所に敷く板状の石です。通常はこれが納骨堂のフタとなります。

・水鉢(みずばち)
故人が喉の渇きをいやすために設置するものと考えられています。

・花立
水鉢を挟むように、左右対称に配置します。

・墓誌
墓石とは別に設置する必要があります。そして、墓石に書き切れなくなった戒名や俗名を刻みます。

・灯籠
お墓に入り口や墓石の横に設置します。

・手水鉢(ちょうずばち)
「つくばい」とも呼ばれています。お参りに来た人が手を清めるための水を入れます。

・名刺受け
お参りに来た人が名刺を入れるために設置します。

・物置台
お参りに来た人が荷物を置きます。

・玉砂利、植木
お墓の見た目を良くします。

付属品の選び方

お墓の付属品のなかには最低限必要となるものと、必要になってから設置してもかなわないものがあります。塔婆立や香炉(香立)などは法要やお参りの際に使いますから、最初から設置する必要があります。それに対して墓誌、手水鉢、灯籠、名刺受け、荷物置き、玉砂利などは、予算に余裕がなければ後から設置しても問題はありません。お墓の見栄えを良くするために必要となる植木などは、少しずつ手をかけて、ある程度時間をかけて完成させる必要があるでしょう。墓地によっては、植木の高さなどに制限がある可能性もありますから、事前の確認が必要です。少しずつ手間をかけて、最終的には故人にも参拝者にも満足してもらえるようなお墓になれば、それが一番です。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級