【完全無料・迅速対応】墓石の価格、一括見積もり比較「墓石コネクト」
無料24時間対応
地元の業者に一括見積もり依頼
0120-938-277

お墓の承継者の決め方と、それに関する法律

お墓の承継者の決め方と、それに関する法律

親や先祖からお墓を受け継いだ人や、新たにお墓を建てた人の多くは、そのお墓を子孫に承継したいと考えています。では、そのお墓を継ぐ人は決められているのでしょうか?決められていない場合はどのように決まるのでしょうか?ここではお墓の承継者について法律でどのように定められているのかを中心に、お墓の承継者の決め方を解説します。

承継者は法律では決められていない

お墓を承継する者について、民法に規定がありますが、その内容はやや抽象的です。条文は「系譜、祭具、及び墳墓の所有権は、相続分の規定によらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者がこれを承継する」としています。つまり、承継者は特に決められておらず、被相続人の指定があればそれに従い、なければ慣習によって承継者を決めることになります。

祭祀を主宰すべき者

祭祀を主宰すべき者とは何かというと、「祭祀財産」を受け継ぐ継承者のことを言います。「祭祀財産」は墓地、そこに建つ墓石、仏壇、仏具のことです。一方で家、土地の不動産や預貯金などを「相続財産」と言います。「相続財産」との違いは主に3点あります。1点目は相続税がかからないこと。2点目は分割できず、承継者は一人であること。3点目はお墓に関する決定権を持つ一方、お墓を維持する管理料の支払いなど義務を負うことです。

祭祀主宰者は誰になるのか

“慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者とは誰になるのでしょうか。戦前前の慣習が必ずしもとりあげられるわけではありませんが、現代でも長男が承継することが多いようです。しかし、地方によってその慣習は異なりますし、家族や親戚など全員が同意すれば、同意されたものが承継するという場合も慣習によってあります。誰か特定の承継させたい人がいる場合は、遺言で決めるか、生前に指定しておけば問題ありません。 祭祀承継者の決め方”

お墓を生前に承継することはできるか

基本的には生前のお墓を承継することはできません。墓地の性質として「譲渡・転売不可」というものがあるので、そういったトラブルを防止するためにほとんどの霊園、墓地で生前承継は禁止されています。ただし、使用者がお墓の維持および管理をしていくことが困難な状況に陥った場合など、特定の条件のもとでは認められる場合もあるようです。

知って得する終活
~豆知識~一覧に戻る

フォームで相談フォームで相談

複数業者に相見積りで
失敗しないお墓の工事を!

最短20秒で一括見積依頼!

実績のある地元の優良石材店を
ご紹介いたします。

フォームで相談 0120-938-277 24時間対応
フォームで相談 0120-938-277 24時間対応

【初心者必見!全解説】初めてのお墓・墓石購入の流れとポイント 解説一覧

全国コネクトグループ支店一覧

お住いの地域を選んで、お墓の工事の費用、相場を知ろう

全国コネクトグループ支店一覧
【サイトご利用上の注意】
※お見積り依頼及び各石材店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。
※石材店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な石材店を選定しご紹介しております。
※見積りは提携石材店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数石材店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。
※墓石コネクトでは、すでに石材店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録石材店の紹介をお断りしております。
※提携の石材店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い石材店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。
※墓石コネクト経由にてお墓の工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じてキャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。
(注)当サイトからご紹介の石材店と成約いただいた方には、最大10万円のキャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。 対象の方はキャッシュバック申請フォームから申請ください。申請が確認ができ次第、ギフト券を手配させていただきます。(受付期間:契約から6ヶ月間)
地元の業者に一括見積もり依頼
墓石コネクト
地元の業者に一括見積もり依頼