お墓には相続税がかからない?

お墓には相続税がかからない?

お墓は、先祖代々受け継いでいくものです。家族にとってかけがえのない「財産」だからこそ、先代から受け継ぐときの「相続税」や、毎年の「固定資産税」が気になるものです。ここでは、いざというときに慌てないための、「税金」について詳しく説明いたします。これを知ることで、お墓に関する手続きや費用がより明確に理解できるはずです。誰にとっても身近なことだからこそ、正しい知識を頭に入れておきましょう。

お墓には相続税がかからない

身近な人が亡くなったとき、人は様々なものを「相続」することになります。故人が残した物やお金、家など……様々なものが、「相続税の対象」となります。「お墓」も相続するものの一つなので、残されたご家族にとっては気になるところでしょう。しかし、実はお墓は「非課税財産」と呼ばれるもの。お墓や仏壇は、「それによって儲けを出すため」や「生活を豊かにするため」に所有するものではありません。先祖を供養し、敬う気持ちがあるからこそのもので、それはお金に替えられないものだと考えられています。このため、相続税の対象外で非課税とされています。税金のことは気にせず、納められているご先祖様のことだけを気にしていてください。それが一番の供養になるはずです。

墓地に固定資産税はかかる?

お墓そのものと共に気になるのが、「墓地」についてです。墓地と言えば、お墓を建てるための土地のこと。土地と言えば、毎年固定資産税がかかりますから、「早くに購入すると、損なのでは?」と心配される方も多いものです。しかしこちらも心配ありません。一般的に「墓地を購入する」と表現されていますが、実際に、土地の名義を自分のものにしているわけではありません。「永代使用権を購入している」と表現した方が、正しいでしょう。つまりは「土地の所有者」から、「そこを自分の家の墓地として使用する権利」を購入しているのであって、権利購入者に固定資産税が課税されることはありません。もちろん墓地を購入した際に、不動産取得税が求められることもありませんので、自分が納得できる墓地を生前に見つけることができたら、それも一つの「出会い」です。積極的に検討するのも良いでしょう。

生前にお墓を建てると節税対策になる

さて、お墓と墓地に関する税金について、ぜひ知っておいていただきたいことを紹介しました。以上の点を踏まえると、生前に持つことは無駄ではない、むしろ節税というメリットを受けられることになります。たとえば両親が亡くなったとき、現金を相続して子供が建てることになれば、まず「現金相続」の段階で相続税が計算されることになります。しかし両親が生前に自分たちのお金で用意しておけば、その分は非課税にて相続できることになるのです。

また、生前に持つことに対して、否定的な感情を抱いてしまう方もいるかもしれません。しかし生きているうちに用意するお墓は「寿陵(生前墓)」と呼ばれ、むしろ縁起が良いものと考えられているのです。自分のこだわりを反映したお墓を作ることができて、縁起も良く、さらに節税メリットも受けられると、生前墓には良いことがたくさんあります。ぜひ積極的に検討してみてはいかがでしょうか。

ただ一点注意が必要なのは、霊園により異なるルールを有しており、場所によっては生前購入がNGとなる可能性もあるということです。気になる墓地があれば、一度確認しておくのが良いでしょう。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級