【完全無料・迅速対応】墓石の価格、一括見積もり比較「墓石コネクト」
無料24時間対応
地元の業者に一括見積もり依頼
0120-690-287

長男がいない場合、姓の異なる娘がお墓を承継できるのか

姓が違う人がお墓を承継できる?

お墓の使用権を持つ人が亡くなったとき、そのお墓を次の世代に受け継いでいく人の事を承継者と呼びます。日本においては家督相続制度があった頃からの風習で、その家の長男が承継者であることが一般的です。しかし子供に娘しかいない場合、その娘が他家に嫁いで姓が変わってしまっている事があります。そうした場合はどのように承継者を決定すればいいのかをご説明します。

姓の変わった娘が承継できるのか

娘が改姓してしまった場合の承継はどうすればよいのでしょうか。

・改姓しても問題なく承継できる
結婚して姓が変わったとしても、法的にはなんら問題なく祭祀継承者となることができます。娘が複数人いる場合は、慣習上は第一子である長女が承継者になるのが一般的であるといえます。

・その他、子供がいない場合等のケース
お墓の使用権を持つ人が指定すれば、友人など他人だとしてもその指定した人を承継者とすることができます。遺言で指定することもありますし、口頭でもかまいません。尚この場合は遺族の同意書が必要となります。

姓が違うと承継できない場合

改姓しても承継者となることは法的には差し支えありません。しかし、墓地・霊園によっては認めてもらえない場合があります。お墓の管理者に確認しておく必要があるでしょう。

また、結婚するして違う家に入る事によって宗派が変わる事があり、この場合もお寺に確認すべきです。宗派を問わず納骨できるお墓のお寺なら問題ないですが、宗派の違う戒名のご遺骨を入れる事ができないお寺もあります。

その他霊園ごとの決まり事により承継に問題が生じる事があるので、いずれにせよ改姓された方が承継する時にはお寺と相談されると安心でしょう。

檀家の引き継ぎに注意

上記の他にも、檀家の違いによりお墓の承継がうまくいかない事があります。

お墓を使用するために、そのお寺の檀家でなければならない場合があり、このケースだと他家に嫁ぎ檀家が変わってしまうと実家のお墓が使用できなくなります。

檀家を変更してもすぐにお墓が使えなくなるわけでは無いのですが、その後どうするのかをお寺と相談しておかないと無縁仏と見なされてしまう可能性があります。永代供養の契約をお寺と結ぶなどの必要があるでしょう。

また、お寺側が檀家である事を強制してきたとしても、檀家の引き継ぎに法的義務は無いため拒否する事ができます。

知って得する終活
~豆知識~一覧に戻る

フォームで相談フォームで相談

複数業者に相見積りで
失敗しないお墓の工事を!

最短20秒で一括見積依頼!

実績のある地元の優良石材店を
ご紹介いたします。

フォームで相談 0120-690-287 24時間対応
フォームで相談 0120-690-287 24時間対応

【初心者必見!全解説】初めてのお墓・墓石購入の流れとポイント 解説一覧

全国コネクトグループ支店一覧

お住いの地域を選んで、お墓の工事の費用、相場を知ろう

全国コネクトグループ支店一覧
【サイトご利用上の注意】
※お見積り依頼及び各石材店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。
※石材店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な石材店を選定しご紹介しております。
※見積りは提携石材店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数石材店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。
※墓石コネクトでは、すでに石材店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録石材店の紹介をお断りしております。
※提携の石材店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い石材店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。
※墓石コネクト経由にてお墓の工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じてキャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。
(注)当サイトからご紹介の石材店と成約いただいた方には、最大10万円のキャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。 対象の方はキャッシュバック申請フォームから申請ください。申請が確認ができ次第、ギフト券を手配させていただきます。(受付期間:契約から6ヶ月間)
地元の業者に一括見積もり依頼
墓石コネクト
地元の業者に一括見積もり依頼