知っておきたい墓参りの作法

知っておきたい墓参りの作法

何かあるたびにお墓参りをしてご先祖様に報告するようなことは、遠くにお墓がある環境では困難でしょう。その分だけ年に数回行うお墓参りのときには、十分にご先祖様の供養をしたいと考えるでしょう。作法について、いくつかマナーがあるお墓参りですが、それを最初から知っていれば大丈夫。例えば親族以外のお墓へお参りする場合でも戸惑うことがありません。そんなお墓参りの際に必要となるマナーをいくつか紹介。お葬式、お通夜とほとんど共通しています。

お墓参りの時期

故人やご先祖様を供養するお墓は、お参りする人にとっても精神的な拠り所となる重要な存在。現在では住居のすぐ側にお墓があるような環境に住んでいる人は、ほんの少数でしょう。年に数回行けば、それで精一杯という人もいるでしょう。それではお墓参りに相応しい時期があるとしたら、それはいつ頃でしょう。一般的には春秋のお彼岸、お盆、故人の命日、正月、年忌法要(一、三、七、十三、三十三回忌など)。それ以上にも子供の進学や就職や結婚が決まった際などに、家族そろってお参りしてはどうでしょうか?

お墓参りの作法

お墓参りの際に、気をつけるべき作法、手順に付いて簡単に説明しましょう。

・持参するもの
お供えする生花(一般的には菊、又は故人の好きだった花)、タオル・雑巾、お線香、ライター・マッチ、掃除道具・ゴミ袋など。

・墓参りの時間帯
夏であれば掃除のしやすい朝、もしくは日中が良いでしょう。

・最初に本堂へお参り
まずは、寺院の本堂で本尊を礼拝します。霊園などで観音菩薩の像などが建てられているときは、それを本尊としてお参りすべきでしょう。また、霊園の管理人さんへも感謝の気持ちを伝える必要があります。

・お墓に着いたら、まず周辺を清掃
墓石には水をかけて、きれいに汚れを落としたら、清潔なタオルで水を完全に拭き取ります(お墓の劣化を防ぎます。)。

・線香を上げて礼拝
焼香が済んだら、ロウソクの火を消し、お供えした果物や生ものは持ち帰ります。

お墓参りのマナー

お墓へお参りする際に、気をつけたほうが良いと思われるマナーをいくつか書きます。

・お参りの時間帯
日没までにはお参りを済ませるのがマナーです。霊園の営業時間を確認する必要も。地域によっては、遅い時間帯にお参りを行う風習もあります。

・焼香の順番
焼香は年長者や近日中に法事を迎える故人とのつながりが深い人から行います。通常は、しゃがんだ状態で焼香、合掌。線香は口でふいて消すのではなく、手で仰いで消すようにしてください。

・お供え物
お酒を供える人もいますが、お酒を飲まない宗派、宗旨の墓地であるときは、お勧めできません。

・お墓に水をかける作法
宗派やその地域の風習によって、考えが分かれます。ご先祖様に「冷水をかける」として水をかけない場合もあるようです。初めてお参りするときは事前に確認すべきでしょう。

以上、その地域によってはここには書いていないようなマナーも存在します。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級