墓参りはいつするのか、適切な時期を解説

墓参りはいつするのか、適切な時期を解説

それぞれの宗旨、宗派にとって重要な時期というものが存在します。それを事前に知っておけば、今後のお墓参りの予定に組み込むことが容易になるでしょう。このようなお墓参りの時期として参考にすべき情報をいくつか紹介します。このような情報を、お墓参りをする際に参考にすれば、故人の宗旨、宗派に従った時期のお参りが可能。ただし大事なことは故人の冥福を祈って供養すること。時期に関係なくお墓参りをする意味はあります。

お墓参りをする主な時期

それぞれの宗教ごとにお墓参りの時期が異なるようです。仏教では、故人が亡くなった日を命日として、毎年同じ月の同じ日(祥月命日、しょうつきめいにち)にお墓参りをします。そして死者が年に一度帰ってくるとされているお盆や、春と秋のお彼岸の時期にもお墓参りをします。神道では、仏教と同じように命日や式年祭に合わせてお墓参りをします。式年祭は決められた期間ごとに行われる祭祀であり、一年祭、二年祭、五年祭、十年祭(通常は三十年祭で切り上げる)という間隔。キリスト教の場合、命日以外にカトリックでは毎年11月2日(万霊節)に、プロテスタントでは死後1ヶ月目の召天記念日、及びその1年目、3年目、7年目にお墓参りをします。

お彼岸のお墓参り

お彼岸は春分の日(又は秋分の日)と、その前後の3日間を合わせた計7日間。初日を「彼岸の入り」終日を「彼岸のあけ」春分の日(又は秋分の日)は「お中日」と言います。仏教では生死の境目の向こう岸を「彼岸」と表現して、その時期に法要(彼岸会、ひがんえ)を開催。通常は、その法要に合わせてお墓参りをします。お参りの前に墓地の掃除を行い、お供えをした後で焼香。宗派によっては事前に寺院へお願いして「卒塔婆」をつくっていただきます。卒塔婆があるときは、お墓の後ろにある塔婆立てに卒塔婆を差し込んで供養を行います。どうしてもお墓参りができない場合などは、寺院や霊園の管理事務所に依頼して、お墓に卒塔婆を立ててもらうことも可能です。

お盆のお墓参り

仏教行事を行う時期として知られているお盆の期間は地方によって異なります。7月又は8月の13日から4日間を死者が帰ってくる期間として法要を行うのが一般的。法要と同時にお墓参りをして故人の供養を行います。お盆に特有のマナーはありませんが、ご先祖様に感謝して合掌することが大事。法要、お墓参り以外にも、お盆の初日には「迎え火」最終日には「送り火」を焚いたり、地方によっては「精霊流し」「灯篭流し」などを行ったりする風習もあります。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級