墓参りに必要な道具まとめ

墓参りに必要な道具まとめ

年に数回行う墓参りは、お墓の清掃をするには絶好の機会。特に管理人が常駐していない墓地では、かなりの汚れが確認できると思います。そのような場合に持参する必要がある道具に付いて解説します。常に自然環境にさらされている墓石は、時間とともに劣化していく運命。できるだけきれいな状態を保つには、定期的な清掃が必須です。どのような道具があれば掃除を楽に終わらせることができるのか、簡単なポイントを確認しましょう。

お墓参りに必要なもの

お墓参りに必要な持ち物の一覧を以下に記載します

・お花
以前は、トゲのない花、香りが弱い花をお供えしていましたが、最近では故人の好きだった花や季節の花が好まれるようです。

・線香、ロウソク、マッチ、ライター、新聞紙
新聞紙は、線香に火が着きにくい場合に使用。

・お供え
食べ物は持ち帰る必要があります。

・掃除道具(ほうきなど)、ゴミ袋、雑巾やタオル
墓式の掃除をするときは、スポンジや歯ブラシなども。

・数珠
絶対必要ということではありません。

・ペットボトル
水場がない場合などには重宝します。

持っていくもののポイント

お墓参りの際に持っていくお花は、あまり大量に持って行くと、すでに他の人の花が供えられている場合には困ります。先にお墓の様子を確認してから、近所で購入する方法も。お花は、左右の花立(はなたて)に前から見て対称になるようにお供えします。すでに他の人が大量の花をお供えしているような場合、横にしてお供えする人がいますが、管理人がいないお墓の場合は避けましょう。

焼香する際のお線香の数に付いては、宗派によってある程度の違いがあるようです。例えば一本の線香を2、3本に折り横に寝かせる浄土真宗、1本を香炉に立てる曹洞宗、臨済宗。同じ1本でも横に寝かせる日蓮宗、3本をまとめて立てる天台宗(離して立てるのが真言宗)1〜3本をまとめて立てる浄土宗というように、事前に確認した方が良いでしょう。

お墓掃除について

お墓参りの前に、お墓の掃除をするためには、ほうきなどの一般的な掃除道具以外に持っていくべきものがあります。墓石の汚れを取る場合は、墓石専用の洗剤とスポンジが必要。そして文字の彫刻部分には歯ブラシを使用します。よほど頑固な汚れであれば、タワシなどで強くこする必要もありますが、お墓の表面に特注な加工をしている場合には、事前に購入した石材店に確認した方が良いでしょう。通常は、墓地や霊園の管理者にあいさつをしてから墓地のある敷地から先に清掃。次に墓石を清掃したら最後は残った水分をきれいな雑巾(タオル)で拭き取ってください。水気が残っていると墓石の劣化が進みます。清掃の際に、供えてあるものは全て処分します、特に食べ物を残すとお墓が汚れる原因となります。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級