遺体の搬送はどのように行うのか

遺体の搬送はどのように行うのか

入院中に亡くなった場合、病院側ではどのような対応をするでしょうか?このような疑問は誰にでもあると思います。病院と提携した葬儀社が、病室から霊安室までのご遺体の移動にも関係している場合には、遺体の搬送や葬儀もそこへ依頼しなければいけないのかというような疑問もあるでしょう。誰でも緊急事態になると、良く考えずに大事な決断をすることがあります。病院で近親者が亡くなった場合に、後で後悔しないためのヒントを紹介します。

病院で亡くなった場合

病院で近親者が亡くなった場合、まずは末期(まつご)の水をとります(死に水とも言います。)。これは喪主から初めて、血縁の近い順番で故人の唇に脱脂綿などに含ませた水をつけることです。人生最後の水をとらせることで、やすらかにあの世へ送りたいとする願いがこめられた儀式です。その後医師から死亡診断書を受け取り、病院側の担当者によって拭き清められたご遺体は霊安室へ運ばれます。現在では病院と提携している葬儀社の担当者が、霊安室への移動を手伝ってくれたり、ご遺体の死化粧などの処置をしたりする場合も多いようです。その葬儀社へご遺体の自宅への搬送を依頼できますが、すでに葬儀を担当する葬儀社が決まっているときは、そちらへ連絡をする方が良いでしょう。もちろん身内の人が自分の車で自宅まで搬送しても問題はありません。

ご遺体の搬送先を決める

ご遺体を霊安室に運んだ段階で、次にどこへ搬送するかを決めておく必要があります。自宅へ搬送する場合が一般的ですが、ご遺体を安置する場所がない場合などは葬儀を行う斎場(さいじょう)や葬儀社の遺体安置所へ搬送する方法もあります。ご遺体の保存方法としてはドライアイスをあてる方法が日本では一般的です。海外では「エンバーミング」という方法で長期間の保存を可能とする技術もありますが、火葬を行う日本ではあまり普及していません。ただし葬儀まで長期間の安置が必要な場合はエンバーミング処理を行うことで、ご遺体の見た目をそのまま維持できます。日本でもエンバーミングに対応する葬儀社が、火葬場が少ない都市部を中心にして増えそうな状況です。

搬送業者を手配する

すでに葬儀を依頼する業者が決まっていれば、ご遺体が霊安室へ運ばれる前にできるだけ早く連絡する必要があります。その業者へご遺体の搬送も依頼する必要があるからです。まだ葬儀を依頼する業者を決めていない場合は、病院と提携している葬儀社へご遺体の搬送だけを依頼するか、搬送だけでも承っている業者へ依頼する方法もあります。自宅へご遺体が搬送された後で、複数の葬儀社の見積もりをじっくりと検討してから、葬儀を依頼する業者を決定した方が良いでしょう。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級