葬儀の種類と新しいスタイル

葬儀の種類と新しいスタイル

葬儀にはいつかの種類がありますが、できるだけ故人の意思を尊重するかたちで開催することが望まれます。最近は故人が著名であっても、近親者のみで密葬を行う場合が増えているようです。これは喪主や親族に負担をかけたくないという故人の希望と、自身の葬儀に対する考え方が影響した結果と言えます。現在でもいくつかの種類が存在している葬儀は、今後もより自由で実質的な姿に変わっていくと思われます。現在開催されている葬儀の種類に付いて解説します。

葬儀の種類

時代とともに葬儀も多様化しているようです。これまで一般的に行われてきた葬儀の形態は、身内の人だけではなく、ご近所さんや故人と生前に関係のあった多数の人が列席するものでした。これが会社の経営者が亡くなったときや、仕事中に殉職した人がいるときなどに行う社葬ともなれば、さらに大規模な斎場を確保して多数の列席者を迎えることになります。このような一般的な葬儀に対して、最近では「家族葬」という形態が増えているようです。これは故人の家族や友人などの極狭い範囲の関係者のみが列席して行います。必ずしも予算的な理由に限らず、多くの場合は故人の生前からの希望によることが多いようです。この他にも火葬のみを行う「直葬」というさらに簡易な方法も増加しています。こちらも経済的な理由ばかりではないようです。

家族葬が増えてきている理由

故人の家族や親戚、友人などの極親しい列席者のみで行う家族葬は、特に都市部で増えているようです。これは周りの人との関係が昔ほど親密でない現在の人間関係が、遠因となっている現象でしょう。そして核家族化が進むことで、親族であっても疎遠になりがちな現在の日本の状況も表しているようです。ただし、喪主や遺族の金銭的、精神的な負担を軽減する効果は大きなものとなります。一般的な葬儀に比べると低予算で開催できるところ、また故人とゆっくりお別れできるところが家族葬の良いところでしょう。最近では社会的に著名な人が家族葬や密葬を希望して亡くなる場合も増えています。これは単に残された家族の負担を軽減できるだけではなく、最後は近親者だけに見送られることを望んだ結果ではないでしょうか?

会場で選ぶ葬儀のかたち

葬儀の会場については、少人数であれば自宅を利用する自宅葬。一般的な斎場を利用する斎場葬。キリスト教では教会葬、仏教では寺院葬(故人が檀家の場合)などが通常。なかでも大規模な葬儀では、以前から自由葬が行われてきました。比較的自由な形態をとることができる点が自由葬の特徴。故人が生前に好きだった音楽を演奏したり、故人の写真を飾ったりというような葬儀が可能です。今後の傾向としては、近親者以外の人も列席する形態から家族葬のようなプライベートな空間で開催される葬儀が増えそうな状況と言えます。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級