知っておきたい焼香の作法

知っておきたい焼香の作法

仏式の葬儀には付き物の「焼香」には、いつかのマナーが存在しますが、宗派によって多少の違いもあるようです。仏教以外の宗旨・宗派では別の作法で死者を弔う手段を用意しています。事前に宗旨・宗派ごとの作法を知っておけば、葬儀の場で悩むこともないでしょう。仏式の場合は事前に宗派を確認しておけば、焼香の方法を調べる時間的な余裕も。可能であれば宗派の事前確認をお勧めします。宗派に関係なく共通化している焼香マナーなどを解説します。

基本的な焼香の作法

「焼香(しょうこう)」とは、仏式の葬儀や法事でお香を焚くことです。故人との縁が深い順で行い、抹香や線香を使用。抹香の場合は炭の上で燃やしますが、線香の場合はそのまま火をつけて焚きます。焼香の方式には、立って行う「立礼」座って行う「座礼」座った状態で香炉を手元に置き、焼香したら隣の人へまわす「回し焼香」という3つの方式が。右手の親指・人差し指・中指の計3本の指で抹香を少量だけつまみ、その手を返して額の高さにかかげます(押しいただきます)。ここで抹香をつまんだ手を押しいただかない宗派も存在。そして左側に置いてある香炉の少し上から指をこすりながら静かに落としますが、そのとき数珠は左手にかけた状態で(合掌のときは両手にかけます。)。抹香を落とす回数は宗派によって、1回から3回。

焼香の種類のよる作法の違い

「回し焼香」の場合、隣の人から軽く会釈をしながら香炉を受け取ります。祭壇の遺影に向かって一礼してから、数珠を左手に持った状態で焼香。さらに数珠を両手に持って合掌したら、再度一礼して次の人に香炉を渡してください。

「立礼焼香」の場合、まず僧侶に一礼、そして遺族にも一礼。祭壇の前に来たら遺影にも一礼して焼香。合掌して再度遺影に一礼したら、僧侶と遺族に一礼した後自分の席に戻ります。

「座礼焼香」では、まず座布団に座る前に僧侶に一礼、そして遺族にも一礼。祭壇前の座布団に座って祭壇の遺影に向かって一礼します。焼香を済ませたら、合掌してそのままの状態から(立ち上がらないで)後ろに下がってください。遺影、僧侶、遺族の順で一礼したら、最後は遺族の方に温かい言葉をかけるようにしましょう。

宗派による焼香の作法

キリスト教の場合は、焼香の代わりに献花台に白い花を捧げます。この花は生花しか用いませんが、特に花の種類には制限がありません。一般的にはトゲのない白百合やカーネーションなどが用いられるようです。もちろん故人の好きだった花を捧げることも可能。神道では、焼香の代わりに玉串を捧げます。これは榊(さかき)などの小枝に紙製の幣(ぬさ)または木綿(ゆう)をつけたもの。神職から受け取った玉串を、玉串案(たまぐしあん)に納めることを玉串奉奠(たまぐしほうてん)と呼びます。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級