法要の日取りはいつにすればいいのか

法要の日取りはいつにすればいいのか

法要の日取りほど大変なことはありません。故人と縁の深かった人が参列できないような日程では困りますが、いつでも開催できるような性質の行事でもありません。参列者に問題がなくても、その日にちが行事の開催には適当でないとされる場合には、どうすれば良いでしょうか?日本ではカレンダーに記載されている吉兆占いを信じている人が多いようです。これには仏教行事に影響するような根拠があるのかという話題を紹介します。

法要で気にする六曜

重要な仏教行事である法要。特に多数の親族を招いて行う場合には、その日取りに悩むかも知れません。単に参列者の予定を確認するだけではなく、その日が占いの一種である「六曜」による「仏滅」「友引」に該当しないことも確認する必要があるとしたら、どれだけ大変でしょう。六曜はもともと古代の中国で生まれた日付による占いです。14世紀(鎌倉時代末期)に日本へ伝わり、19世紀初頭に現在の形が完成。特に江戸時代末期には民間の暦にさかんに記載されるほどの人気を獲得しました。例えば「仏滅」は、仏も滅するような大凶日「友引」は、凶事に友を引く日とされます(本来は勝負が引き分けになる「共引」)。

明治時代には迷信として政府から禁止されたこともあるようです。このような歴史からすると、仏教の教義には全く関係のない存在であることが理解できると思います。それでも多くの葬儀場や火葬場が、六曜で言うところの友引の日に営業しないのは、迷信であっても多くの日本人が信じていることが原因です(宗派によっては葬儀を開催)。法事の日時を決定する際には、基本的には六曜の仏滅、友引などを気にする必要はないでしょう。ただし参列者のなかにそれを気にする人がいる場合には、別の日を選択する必要があるかも知れません。

法要の一般的な日取りの決め方

仏式の法要のなかでも、亡くなってから四十九日までのものを「追善法要」と呼んでいます。教義によると、それ以降に行われる「年忌法要」との違いは、この日に極楽浄土へ行けるかどうかの判定が下されるという点です。そのため、四十九日法要は亡くなってからの日数を守って開催されます。つまり、少しでも良い判定が出るように遺族が祈るのが追善法要。それに対して、年忌法要に付いては命日(祥月命日)の開催が困難であるときは、別の日に開催しても構わないと考えられています。ただし、命日よりも早い日に設定すべきでしょう。また七回忌からは、複数の年忌法要を一緒に開催することも許されます。例えば母親の七回忌と父親の十三回忌を同時に行うような場合です。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級