香典返しの金額はいくらくらいか

香典返しの金額はいくらくらいか

初めて近親者の葬儀を主催した人は、いただいた香典に対するお礼をどうするのかという問題に頭を痛めるでしょう。すでに長い歴史のなかで、いただいた香典に対するお返しの基準が確立されていますから、それを知っていれば困ることはありません。葬儀が終わった後で、すぐにお返しをする必要がないということを知っているだけでも、気が楽になるかもしれません。そのような香典返しのマナーに付いて、解説します。

一般的な香典返しの相場

「香典返し」とは、通夜や葬儀で故人の霊前にお供えするために受け取った香典へのお返しです。この香典という言葉自体は、仏教に由来する用語であり、神式やキリスト教式の葬儀では別の呼び方をします。通常は故人が亡くなってから49日間過ぎた後で、香典返しを行います。この際に受け取った香典の「半返し」を行うのが一般的です。金銭ではなく、香典の金額の半額に相当する品物をお返します(親族などからいただく高額な香典は除きます。)。最近は葬儀の当日に「当日返し」をする習慣が定着しているようですが、この場合は受け取った香典の半額から当日返しでお返しした品物の金額を差し引きます(ハンカチなどの会葬御礼品は除く)。それでも頂いた香典の半額に達しないときは、その残りを香典返しとします。

香典返しの時期について

香典返しは、通常忌中(きちゅう)の期間が過ぎてから贈るのが通常です(忌明けと言います)。つまり故人が死亡してから49日間経過してからということです。この49日という期間は仏教の教義によるものであり、通常はこの日か、少し前の日に49日法要を行います。神式では50日祭の終了を忌明けとします。そしてキリスト教では、本来は香典返しに該当するような習慣はありませんが、日本の風習に合わせての30日目の追悼ミサ(カトリック)または1ヶ月目召天記念日(プロテスタント)の終了を忌明けとします。ところが最近では葬儀の当日に香典返しをする場合が増えているようです。香典返しは、葬儀に参列していただいたことに対するお礼状(忌明けの挨拶状)と一緒にして、お渡しするのが通常です。

香典返しのマナー

香典返しの目的は、いただいた香典によって無事に故人の法要を済ませることができたことに対する感謝を表すことです。そのため直接お会いせずに発送する場合は、お礼状を添える必要があります。また葬儀という不祝儀のお返しになるため縁起を担いで、後に残らない物が良いでしょう。例えば洗剤や石鹸、お茶などの消耗品が好ましいと言えます。まれに香典返しを辞退するとの手紙が香典に添えられている場合があります。その場合でも、お礼状だけは発送すべきでしょう。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級