臨終前にやるべき準備

臨終前にやるべき準備

ご臨終を迎えるために必要な準備とは?やはり、残された遺族ができるだけ困らないようにすることでしょう。例えば、葬儀を依頼する業者を生前に決めている例は少ないですが、故人の意志があれば非常に助かることは間違いありません。その他にも、葬儀の宗旨・宗派や規模に付いても希望を文字にして残しておけば、言うことはありません。後のことを心配せずに、最後の時間をやすらかな気持ちで過ごすことができる方法を紹介します。

ご危篤前の事前準備

これから「最後の時」を迎えることが確実である場合、後のことを心配せずに安心して近親者とお別れするには?そんなご危篤前に必要な心構えに付いて書きます。

・喪主となる方
葬儀などに付いて、特にご希望がないかという点は、できるだけご本人様から聞いておく必要があるでしょう。希望する葬儀社、希望する葬儀の方式、その他供養に関するご希望。お墓がない場合は、希望するお墓の場所なども確認します。

・ご本人様
できるだけ残された遺族が困らないように、ご危篤前に言葉を残しておく必要があります。ご自分の最後の時に立ち会って欲しい人なども早めに伝えるべきです。特に、これまでご自分の葬儀やお墓に関する希望を家族に伝えていなかった場合は、できるだけ細かく希望を伝えたほうが良いでしょう。

ご危篤の際にやるべきこと

ご危篤になる前に、できればご本人様によるエンディングノート(ご自分の思いや希望を記載)の作成をお勧めします。字を書くのが難しいときは音声を記録する方法も。このノートのなかに近親者へ伝える必要がある様々な用件を記載しておけば、安心できます。ただし、亡くなった後ですぐに発見できるような場所へ保管しておく必要があるでしょう。ご本人様が亡くなったときは、近親者は故人の意思が記載されたものがないかをまず確認します。葬儀の種類に関する希望や葬儀に参列して欲しい人の一覧などがあれば、故人の意志に沿った形で葬儀を行うことが可能となります。疑問が出るたびに故人の意思を想像して決定するよりは、明らかに優れた対応が可能です。

ご臨終の際

ご本人様がご臨終の場合、その対応は病院と自宅では異なります。病院の場合は、医師から死亡診断書(または死体案件書)を受け取り、自宅や斎場など遺体の安置場所を決定。霊安室の遺体を安置場所へ速やかに移動します。自宅の場合は、医師に連絡して死亡を確認していただく必要があります。病死の場合は医師の死亡診断書ですが、事故死の場合は警察に連絡して死体検案書を受け取りましょう。葬儀まで自宅で遺体を安置できない場合は、別の安置場所へ移動します。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級