葬儀社を決めるポイント

葬儀社を決めるポイント

これから葬儀社を決定するという段階になったら、開催する葬儀をどのようなものにするのかという点が決まっている必要があります。なぜなら葬儀社によって得意とする葬儀の形態が異なり、葬儀費用の見積もり方法も微妙に異なる点を気にする必要があるからです。当然ですが、商売である以上は少しでも多くの利益を得ることを目的とします。そのような葬儀社を選定する際に重要なポイントをいくつか書きましょう。知っているだけで心強くなります。

葬儀社を決める前に

葬儀社を決める前に決定しておく必要のある事項がいくつか存在します。例えば喪主を誰にするかという問題。さらに参列者が最も注目する遺影には、どの写真を使用するのかという点も重要です。さらに葬儀の日程をどうするのかという点なども、葬儀社の担当者が来る前に決定しておく方が良いでしょう。実際には葬儀会場や火葬場の予定によって、葬儀の具体的な日程は決定されるわけですが、事前に希望をまとめておくことは大事。そして最も重要な葬儀費用の予算ですが、こちらは葬儀費用の総額をどの程度までに抑えることを希望するのかという点が重要です。このような点を明確にしてから葬儀社の担当者に対応しなければ、後で無駄な出費を後悔するかも知れません。

葬儀社を決めるポイント

故人の死亡で落ち込んでいる状態で、自分が喪主として葬儀を開催する必要に迫られたら、どれほど大変でしょう。このような状態になると、ついつい葬儀者の担当者の言いなりになりがちです。失敗を避けるためには、いくつかの重要ポイントを確認してください。

・喪主が希望する葬儀に対応してくれる葬儀社
故人の菩提寺で開催する場合には、葬儀社と菩提寺との間で打ち合わせをします。通常は自社の持っている会場でしか葬儀を行っていない業者では不安が残ります。他の会場や寺院での葬儀に何度も対応している葬儀社の方が良いでしょう。

・葬儀の種類によって葬儀社を選択する必要
故人や遺族の希望によって自由な方式の葬儀を開催する場合は、そのような葬儀に積極的に対応してくれる葬儀社の方が、良い結果を期待できます。近親者のみで行う家族葬、密葬の対応付いても同様。小規模の葬儀に慣れている葬儀社が良いでしょう。

・わかりやすい内容で料金を見積もってくれる葬儀社
これは葬儀社特有の見積方式に関係する問題です。火葬場への支払いや参列者にふるまう料理や宗教者への謝礼などを含めないで見積もりを出すというもの。自社が提供するサービスではないため、見積もりには記載しないとの理由ですが、葬儀費用には違いません。

・極端に安い見積もりを出す葬儀社は要注意
葬儀費用の総額で見積もりをたてない業者には注意した方が良いでしょう。特に見積もりの段階で極端に安い費用を提示する葬儀社は、追加料金で利益を得ることを目的としている場合が多いようです。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級