葬儀をやる前に必要な準備

葬儀をやる前に必要な準備

近親者が亡くなり、自分が喪主として葬儀を主催することになったら、まずなにを準備すべきでしょうか?故人から葬儀に関する要望を聞いていうような場合は、できるだけそれに従う必要があります。そして故人が喜ぶような葬儀を滞りなく進行するためには、自分だけの力ではなく、他の遺族や故人の友人だった人の力を借りる必要もあります。その際、特に注意すべき事項に付いて解説します。記載した点を注意した上で、喪主と協力者が一体となって葬儀に対応すれば問題は起こりません。

要望をまとめておく

喪主として葬儀を主催するとしたら、まずは葬儀の規模をどの程度にするのかということを決定する必要があります。親族や友人などに限定して列席していただく場合と、ご近所さんや故人の関係者などが多数参加する場合では、予算や会場の面で対応が大きく異なります。また故人が自分に葬儀に付いて、生前どのような要望をもっていたのかも重要。特に宗旨・宗派や葬儀の規模に付いての故人の意思は尊重されるべきです。そのような点を考慮して、葬儀の規模や宗旨・宗派などが決定したら、次に葬儀の予算のように細かい部分を決定します。特に葬儀の種類などに関する故人の意思が確認できなかった場合は、生前の故人が葬儀に対してどのような考え方を持っていたかを想定した上で、葬儀の規模などを決定しましょう。

葬儀の際の役割分担をする

故人に代わって列席者からの弔問を受けるのが「喪主」。それに対して実際に葬儀を運営して、細かい対応を行うのが「世話係」です。故人と親しかった人で、故人の遺族とも交際のある人へ世話係の代表を依頼して、その人を中心にして葬儀の準備、進行を行います。世話係代表が担当すべき仕事は多岐に上りますが、まずは葬儀の日取りや葬儀内容の決定に関して喪主と相談。その後は、各世話係へ役割を分担して葬儀全体を取りまとめます。各世話係が担当する仕事としては、葬儀費用や香典の管理を行う会計係、弔問客の受付係、車の整理・案内を行う車両係、葬儀の司会・進行係、酒食・茶菓子の準備をする台所係などがあります。このように世話係代表が、実質的に葬儀全体を取りまとめて運用するかたちが通常です。

遺族の服装について

厳粛な儀式である通夜、葬儀(告別式)には、どのような服装が相応しいでしょうか?喪服にも正式なものと略式のものがあります。一般的に故人の三親等内の親族や特別に親しかった友人が正式な喪服を着用。それ以外の参列者は略式のものを着用します。学生・生徒は制服が正式な喪服となりますが、喪章を付けて弔意を表すことも。通常は、結婚指輪以外のアクセサリーを外します。通夜の場合、喪主・遺族は必ずしも喪服である必要はありませんが、できるだけ地味なものを着用します。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級