知っておきたい告別式の流れ

知っておきたい告別式の流れ

故人の追悼とお別れを目的とした告別式に参加する際には、どのようなことに注意すべきでしょうか?それには生前の故人との関係がどの程度親密なものであったのかを考える必要があります。告別式が開催される場合に、参加する必要があるのかを判断する基準とは?このような判断をする際に参考になりそうな情報として告別式の流れを紹介。これを知っておけば、今後告別式に参加する際にも慌てる必要はありません。

一般的な告別式の流れ

葬儀とは別に開催される告別式(仏式)の流れを説明すると、まず故人の遺族、親族、その他の参列者は僧侶が入場したら黙礼をして着席。司会者が開式の言葉を述べた後で僧侶による読経が始まります。

僧侶の読経中に案内があったら、喪主から焼香を行います。喪主の次に親族のなかから血縁の濃い順で焼香。親族が終わったら、一般の参列者が焼香します。

僧侶が退場、このときも主席者が全員起立して、軽く礼をした状態で見送り。喪主又は遺族代表が参列者に対してあいさつを行います。最後に司会者による閉式の言葉により閉式。

葬儀との違いは、僧侶の読経の途中で弔辞・弔電の奉読がない点や、僧侶からの法話・説教がない点でしょうか。これらは葬儀の際に行う作法ですから、告別式が葬儀とは別に開催されるときには行いません。

告別式と葬儀の違い

「お葬式」と一般的に呼んでいますが、実際には宗教儀式である葬儀式と社会的な儀式である告別式を行うものです。葬儀式とは、遺族が故人の冥福を祈り葬る儀式であり、故人の信仰していた宗旨・宗派に従った方式で開催。それに対して告別式は死者と最後のお別れをする社会的な儀式です。そのため、葬儀式と告別式を別に行うこともあり得ます。この場合は、葬儀は遺族、親族などの近親者のみが参列する密葬や家族葬を行い、その後故人の関係者多数が参列する告別式を開催するような方法があります。また同時に開催する場合には、最初に僧侶による読経を中心とする葬儀を行い、次に故人と生前に関係のあった人が最後のお別れをする告別式を行う流れで進行。以前は告別式に参加した人も火葬場まで同行していましたが、現在ではお棺を閉じる前に最後の別れを告げます。

告別式でのマナー

葬儀と告別式が時間的に分かれている場合、単なる友人・知人程度の関係であれば、告別式のみ出席すべきでしょう。どちらにしても参列した儀式は閉式まで見届けるのが原則。告別式のみ参列する場合は、焼香・拝礼は順番の一番後ろについたほうが良いでしょう。特に故人と親しい間柄でないときは、黒色の平服でも構いません。式への遅刻や遺族との長話には注意してください。またお悔やみの席では、人の死を直接連想させる言葉はタブー。「永眠」「他界」などの言葉を使用します。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級