知っておきたい葬儀の流れと基礎知識

知っておきたい葬儀の流れと基礎知識

おおまかな葬儀の流れを知っておけば、初めて参列する宗旨、宗派の葬儀であっても余裕を持って対応できます。現在の一般的なお葬式には、宗教儀式としての葬儀と、社会的な行事としての告別式という2つの要素が同居している点は、お葬式を理解する上で必要な情報です。さらに葬儀と告別式に対する考え方が宗旨、宗派によって異なる点も気になります。時代の経過に伴って、少しずつ様式が変化してきた葬儀と告別式について解説します。

葬儀の流れ

仏式で行う葬儀の流れを大まかに書くと以下のようになります。

・受付開始
30分前には、開始します。

・着席
席順は、祭壇に向かって右側に遺族や親族、左側に関係者が座るのが一般的です。喪主と遺族は、開式の15分前には席に着きましょう。

・開式
司会者が開式の言葉を述べて式を開始。その前に僧侶が入場しますから、一同は起立して一礼又は合掌して迎えます。僧侶が入場したら着席。

・僧侶による読経、引導法語
読経の後で引導を読み上げます。死者が無事に成仏できるように行う作法です。宗派によっては仏教徒として戒を受ける儀式(受戒)を行います。

・弔辞、弔電の奉読
故人の経歴や業績を入れつつ、哀悼の情を表現した文章(弔辞)を参列者が読み上げます。弔電は参列できない人から届いたお悔やみの電報。多数届いたときは、最初の5〜6通のみを奉読して、残りは送信者の名前のみを読み上げます。

・遺族、参列者による焼香
弔電奉読の後で、再び読経を始めた僧侶が合図したら、喪主、遺族、親族、一般参列者の順番で焼香を行います。参列者の焼香が終了したら僧侶が退場しますから、一同は起立して一礼又は合掌して見送ります。

・喪主のあいさつ
喪主又は親族代表があいさつを行います。最近は出棺に際のあいさつで代えることが多いようです。

・閉式
司会者が閉式の言葉を述べて、式は終了。引き続いて出棺の準備へ入ります。

・最後の対面、別れ花
お棺を祭壇から下ろしたら、最後のお別れです。遺族や友人などが、祭壇の生花で遺体の周りを飾ります。

・出棺
喪主は参列者にあいさつを行いお礼と感謝を伝えますが、その間遺族は位牌や遺影を胸のあたりに掲げて、参列者の方へ向けます。お棺は遺族や親族の男性が霊柩車まで運びます。

葬儀についての基礎知識

「葬儀(式)」と「告別式」によって構成されているのが「お葬式」です。葬儀は亡くなった人の霊魂を沈めて、迷わず成仏していただくために行う儀式。故人の宗旨、宗派に従って僧侶や神職などに来ていただき、故人の遺族、近親者のみで行うものです。それに対して告別式は、故人との縁の深さに関係なく生前交流のあったご近所の人や仕事関係の人が参列して、故人に別れを告げる式。基本的に宗教的な要素のない社会的な行事です。厳密に言えば、喪主と親族が焼香を済ませるまでが葬儀となります。一般の参列者が焼香を行うところからは、告別式にあたります。

神式の葬儀に該当するのが「葬場祭(そうじょさい)」。この儀式には遺族以外の人も参列でき、一般的な葬儀と告別式にあたります。神職が斎主として司り、一般の参列者は斎主が退場した後で仏教の焼香に代えて玉串を捧げて拝礼します。

キリスト教の場合、葬儀に該当するのはカトリックの「入堂式」「ミサ聖祭式」という儀式。カトリックの信者でないときはミサ聖祭式の代わりに赦祈式(しゃとうしき)を行います。特に告別式に該当する作法はありませんが、赦祈式の後で告別式を行う場合もあるようです。プロテスタントの葬儀には厳格な様式がありません。そのため葬儀と告別式を区別する必要もなく、参列者も含めた全員で行う告別の献花は告別式としての性質を持つことになります。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級