香典の相場はいくら?

香典の相場はいくら?

通夜や葬儀に参列する際に、用意するもののひとつに香典があります。葬儀にかかる資金の扶助として位置づけられ、金銭を包むのが一般的です。葬儀だけでなく、四十九日、納骨式、一周忌などの法事でも香典を用意します。ここでは香典の金額はどれくらいが相場なのか、目安となる金額を紹介します。一つの目安として参考にしてください。

一般的な香典の金額の相場

もともと、仏教では仏様にお香の香りがたくさん届けば罪が軽くなると考えられていたので、線香や花を死者の霊前に供えていました。そののち、葬儀にかかる資金の扶助として位置づけられ、食べ物や品物を送っていたときもありました。現在は金銭の香典が主流となっていて、通夜または葬儀の際に香典を持参します。

香典の金額はもともと決められた額はありません。故人との関係や、どれくらい親しくしていたか、また思い入れなどによって変わってきます。相場としての目安は以下の表のようになります。

関係金額(円)
両親50,000~10,000
祖父母30,000~50,000
兄弟・姉妹30,000~50,000
親戚10,000~30,000
上司5,000~10,000
同僚5,000~10,000
友人5,000~10,000
恩師・先生5,000~10,000
近隣の人3,000~10,000

納骨式における香典の相場

通夜や葬儀の他に、納骨式に出席する際も香典を持参するのが一般的です。他にも四十九日や一周忌などの法事でも香典を包むのが一般的になっています。

納骨式での香典の金額は故人との関係の他に、会食の有無によっても変動するものだと言われています。会食がない場合の目安は5,000円~10,000円となっています。会食がある場合は、10,000円~20,000円くらいが相場のようです。

特に故人との関係が親しい場合には20,000円~30,000円ほど包む場合もあります。

香典を包む際の注意

香典などを包む不祝儀袋に入れるお金には新札を使わないというのが古くからの習慣です。これは、不幸がくるのを準備していたと考えられるために新札の使用は避けられてきました。もし新札しかない場合は折り目をつけるなどしてから入れるのが無難です。しかし、あまりに汚れやシワのひどいお札を入れるのもマナー違反と考えられるので注意しましょう。

お札を入れる向きについては、地域の慣習によって見解が分かれることが多いようです。お札の向きを合わせて入れる点に注意しましょう。

  • \専門相談員がサポートします/

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。

全国対応 24時間無料相談 03-6222-5467