納骨の時期と流れ

納骨の時期と流れ

納骨式は四十九日の法要の時に執り行う必要があると言われることがありますが、これは単純に、四十九日にはお坊さんにお経をあげたり、お焼香をしたり、一族が集まるため、この時に行った方が合理的でまとまっているという所から来ています。
ですので、四十九日までには納骨が出来るようにお墓を決めたりお墓を立てたりしなければならないという必要はなく、次のお彼岸やお盆に合わせたり、1周忌、百か日、さらに3回忌と言った法要に合わせて行っても全く問題は無いのです。

納骨の時期

前述したように納骨式の日取り、納骨の日は特に四十九日に合わせる必要はありません。
お坊さん、墓地の管理人さん、石材店などと共に段取りを付けていくのが一般的です。
もしすでにあるお墓に納骨をするという場合には、個人の戒名の彫刻などを依頼しましょう。
納骨式が終わった後の引き物、食事と言ったことの手配も予算なども考えながら、必要に応じて済ませておいてください。

ちなみに、新しく立てた墓に納骨をするときは納骨式の前に開眼供養と呼ばれる式を行います。
浄土真宗では建碑式とも言い、お墓に個人の魂を迎え入れるための法要のことです。
お墓の周りを掃除して、お花やお供え物を置き、お坊さんがお経を読み上げてお焼香をしてから納骨式に入っていきます。
納骨式が終われば、卒塔婆供養に入っていく地域、宗派もあります。

納骨の流れ

ここで納骨の流れをまとめていくと、

まず事前に用意、やっておくこと
・埋葬許可証、墓地使用許可証、印鑑、位牌、遺骨、遺影、お布施、お花、お供え物などを準備しておき、納骨式の日取りをお坊さん、墓地管理者などと相談。
・墓石や墓誌の彫刻、納骨室のふた開けなどを石材店に依頼
・式後の会食の手配
・卒塔婆供養の希望者数を数えてお坊さんへ連絡

以上が済んだ後
・開眼供養
墓とその周りを掃除して、お花、お供え物を置いて祭壇を準備して、お坊さんをお経をあげ、参列者が焼香

開眼供養が終わった後
・納骨式
納骨室のふたを開けて、施主が遺骨を納める。
お坊さんがお経を読んで、参列者が焼香する。

・卒塔婆供養
墓石の後ろに卒塔婆を立てて、墓前にお花、線香などを手向ける。

ここまでが終われば、後はお坊さんと参列者と共に、食事をして故人をしのび、施主は挨拶を行って式終了です。
浄土真宗では卒塔婆供養は行わないなど、宗派やお寺によって流れは変わることがありますが、基本的にはこのように進んでいくと思われます。

納骨式の準備・持ち物

先ほどの一連の流れにおいて最初に書いた、埋葬許可証についてご説明いたします。
住んでいる市区町村の役場に死亡届を出すと、火葬許可証が交付されます。
これを火葬場に出し、火葬が終了した後に、火葬済の印が押された火葬許可証が戻ってきます。
これが埋葬許可証となります。

既存のお墓に遺骨を入れるのではなく、新しくお墓を立てるという時は最低1年以上はかかってしまいますので、無くさないようしっかりと保管して置いてください。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級