納骨に適した服装は?

納骨に適した服装は?

納骨式はだいたい仏教においては四十九日の法要の後に続いて行われることが多いです。 もしその時点でお墓や納骨堂のお仏壇など、遺骨を納める場所の用意が無い場合は、百か日や1周忌と言ったタイミングで行う事もあります。
ここでは基本的なお墓への納骨の際を例に、服装、流れを簡単にまとめていきます。

納骨の際の服装

先述したように四十九日の法要は一般的には喪服で参加します。 そこから流れでお墓に向かいますので、納骨の際の服装は喪服となります。

男性の場合
・黒スーツ
・ネクタイ
・白ワイシャツ
・革靴・靴下

女性の場合
・黒ワンピースもしくはスーツ
・ストッキング・靴下
・手持ちのバッグなど

バッグなども黒いものを身に付けましょう。
また、男女ともに光リ物の時計、アクセサリーも避けた方が良いですが、白いパールのネックレスなどは着けても大丈夫です。
学生さん、子供さんは制服があれば制服で、無い場合は黒、紺、白を基調とした服装で参列しましょう。
これはストッキング、靴下、靴も同様で黒と紺と白のものを選んでください。

ざっと説明しましたが、通常は一般的な喪服での参列で全く問題ありません。
後述しますが、納骨は法要とは違うのでカジュアルな服装でも大丈夫と言うケースもあります。
ただ、このケースにある法要と納骨を一緒に執り行う場合は出来るだけ喪服で参列した方が良いかと思います。

納骨で許される?カジュアルな服

冬場はコートを着る人がたくさんいると思います。
特に便利なPコートは黒が多く、法事の際にも着やすいものの、カジュアル感も拭えないため困ったという方は多いのではないでしょうか。

実は、納骨だけの法事でしたら、喪服とは一切かけ離れたとってもカジュアルな服で参列する人も少なくないのです。

ただ、四十九日や百か日の法要と一緒に行う場合は、コートの下はフォーマルな喪服を着た方が良いとされています。
コートはPコート、ファー付きのロングコートなどでも大丈夫と言われています。
冬の時期にお墓で納骨をする際は、防寒をしっかりとしなければならないため、喪服じゃないからと言ってコートを脱いでスーツのみでの参列は非常に寒くて風邪をひいてしまう事も考えられます。
確かに色のことなどもありますが、まずは防寒を第一に考えて服装を選びましょう。

ちなみに、男性の夏場の上着、つまり黒いジャケットは、一応着て行くのが一般的かとは思われますが、これも日差し、気温に応じて脱いだりするなど、調節するようにしましょう。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級