墓地選びのポイントまとめ

墓地選びのポイントまとめ

将来自分が遺骨として入り、承継者によって代々引き継がれる墓地をこれから選ぶ際には、何を基準にすべきでしょうか?生前に住んでいる住居と墓地との共通点があるとしたら、それは多数の人が訪問する場所であるという点です。住居であれば中に向かい入れて、もてなすことができますが墓地ではそうはいきません。やはりお参りに来た人がゆっくりできる環境が、必要となるでしょう。このような観点から必要な条件を考える必要があるようです。

墓地を選ぶ際に気をつけるべきポイント

生前の住居以上に永く住む場所となる墓地を選択する際には、それを継承する人の負担も考える必要があるでしょう。以下にいくつかの重要ポイントを挙げます。

・立地条件
購入した後で多数の人が訪問するため、墓地を選ぶ場合にもっとも重要な点です。あまりに遠方の墓地では誰もお参りに行けなくなります。車以外の交通手段がないような場所も避けるべきです。バスや電車しか交通手段がない人が、お参りに行くことも考えましょう。このような条件を満たす範囲で、例えば海が見えるとか、自然に囲まれているなどの希望を叶えましょう。

・宗旨(しゅうし)宗派による制限
寺院が経営している墓地では、事前に異なる宗旨、宗派の対応に付いて確認する必要があります。その寺院の檀家として負担する費用も考慮する必要があります。寺院によって内容に違いがありますが、今後の墓地の承継者に関する独自の制限があるかも知れません。

・費用
今後の墓地の使用料である「永代使用料」「管理料」以外にも、石材店に支払う墓石の費用がかかります。この墓石に関しては墓地を経営している主体によって、事情が異なります。墓地を石材店が経営していれば、その石材店から墓石を購入する必要があるでしょう。このように公営墓地以外の場合は、墓石を購入できる石材店を指定している場合があります。このような事情を考慮した上で、合計で費用がいくらかかるのかを計算します。

・設備、管理
見た目の豪華さよりも、実質的に便利であるかどうかを基準にすべきです。駐車場や水道施設は当然にしても、法要施設や休憩所の存在は重要です。また傾斜のきつい地形であれば、手すりなどを設置して安全対策を行っているかという点を、確認した方が良いでしょう。その他にも売店、レストラン、送迎バスなどの設備があれば言うことはないでしょう。墓地の管理状態を判断するために、最低でも一度は訪問して確認した方が良いでしょう。

少なくとも以上のような点を確認した上で墓地を選定する必要があります。基本的な条件を満たしていることを確認した上で、細かい部分を確認した方が良いでしょう。豪華な設備に目を奪われて、立地条件などを考慮せずに契約するような事態は避けるべきです。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級