墓地(霊園)3つの種類とその特徴

墓地(霊園)3つの種類とその特徴

大きく分けると3種類存在している墓地、霊園の形態です。それぞれの特徴を知ることで、自分または故人の希望にもっとも合致した形態の墓地を選択できます。墓地の種類によって必要となる資格や費用の額が異なります。このような特徴は今後そのお墓を継承していく子孫などにも引き継がれる部分です。そうであるなら、なおさらよく考えてから結論を出すべきでしょう。以下に判断の基準となるいくつかのポイントを挙げています。

墓地の3つの種類

大きく分けると3つの種類に分けることができる墓地、霊園です。それぞれの特徴に付いて、種類ごとに特徴を記載しています。

・公営墓地
市町村のような地方自治体が運営と管理を担当している墓地です。一般的に低額の永代使用料や管理費で利用できます。また運営しているのが公的機関であるため、宗教、宗派に関係なく誰でも利用を申込むことができます。墓石に付いては利用者が石材店を選択して、予算に合わせたものを自由に選択できます。利用するには、一定の資格を持った人が申込む必要があります。

・民営墓地
民間の業者が運営している墓地です。基本的に宗教、宗派に関係なく申し込みできます。民営ということもあり、比較的自由な形態のお墓を用意しているようです。ペットを一緒に入れるお墓もあります。費用に付いては公営墓地より割高になります。それと墓石を建てる際に利用する石材店を指定している場合が多いようです。

・寺院墓地
通常はお寺に中にある墓地を、その寺院が管理している形態です。そのような墓地にお墓を建てるということは、基本的にそのお寺の檀家になることが前提です。そのためお寺の檀家になることで負担する費用のことを考慮して選定する必要があります。ただし故人の供養という観点からはお勧めできます。依頼すればすぐに読経してくれるような環境は、故人からすればありがたいでしょう。お墓の管理も寺院で対応してくれるため、管理の面でも安心できます。

墓地の特徴を比較

墓地の運営主体による長所と短所を比べるとしたら、このようになるでしょう。

・申込資格 特に制限のない民営墓地に対して、基本的に檀家に限る寺院、そしてもっとも条件が厳しいのが、一定の資格を持ち抽選に当選する必要もある公営の墓地でしょう。

・墓地使用料 やはり公営墓地がもっとも有利です。それに対して割高になる民営と寺院の墓地です。寺院の場合には檀家としての出費も考慮する必要があります。

・宗派、宗教による制限 制限のない公営、民営の墓地に対して、事前に確認が必要となるのが寺院墓地です。お墓の承継者に関する細かい制限が存在している可能性もあります。

・墓石 自由に石材店を選択できる公営墓地に対して、民営、寺院の墓地は制限される場合が多いようです。宗派、宗教による制限が存在する可能性が高い寺院墓地ですが、故人の供養を行うという本来の目的からすると、好ましい選択と言えます。1つの墓地の形態が全ての面で優れているという訳ではありません。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級