仏壇の選び方のポイント

仏壇の選び方のポイント

数万円で購入できるお買い得の仏壇を購入するより、数百万円もするような高額な仏壇を購入した方が良い供養になるでしょうか?これは供養に対する考えが異なれば、人によって違う答えを出すと思われる問題であり、特に正解はないでしょう。遺族が高額な買い物をして、果たして故人が喜ぶのかという点を考慮する必要も。急いで購入すると後悔する可能性が高い仏壇。実際に購入する際には、どのようなタイプを選択すべきか、その選び方を解説します。

どのように供養するかを決める

ほとんどの人が一生に一度しか購入しない仏壇。高額なものであり、慎重に選定する必要があるでしょう。それでは、実際にどのような点を考慮すべきなのかを説明します。

仏壇のデザインは、大きく分けると「金仏壇」「唐木仏壇」「家具調仏壇」に分けることができますが、宗派によってある程度決まっている場合があります。例えば浄土真宗であれば金仏壇。禅宗では唐木仏壇を選択するのが一般的です。その他の宗派では、特に制限はないようですが、中に納める本尊などにはそれぞれの宗派に応じた独自性があります。故人の信仰していた宗旨、宗派を忠実に守ることを希望する場合は、仏壇、本尊などの全てを統一しましょう。そこまで細かく配慮する必要がなければ、購入する人の好みを反映させてもかまわないと思います。

置く場所を考える

最近新築したようなお宅では、仏間を設けていない可能性があります。そのため仏壇を祀る場所が見つからないような場合もあるでしょう。仏壇の高さはお参りする際に、ちょうど本尊を見上げるくらいの高さが理想的です。設置する際の向きはあまり気にしなくても大丈夫。フルサイズの仏壇では適当な置き場所がないときは、もっとコンパクトなサイズの小型仏壇や壁掛式のものを選択する方法もあります。長期間利用する仏壇は、温度・湿度などの点で極端な環境にある場所を避け、なおかつお参りしやすい場所に設置すべきです。一般的には座敷へ設置する場合が多いようですが、家族が集まるリビングなどでも問題はありません。設置する場所を決めたら、その場所の大きさを正確に測定してから、仏壇を購入する方が良いでしょう。

予算を決める

仏壇を設置する場所が決定したら、最後に予算をどうするかという問題が残ります。仏壇自体の価格と、その中に安置する本尊、脇仏(脇懸)その他の仏具を合計した金額で考える必要があり、数万円から数百万円のものまで販売されているのが現状。設置する場所と宗派などから、予算内に収まる組み合わせで選択すれば良いでしょう。高額の仏壇を購入すれば、それだけで良い供養となるわけではありません。大切なのは実際に仏壇の扉を開いて供養を欠かさないことです。

  • \専門相談員がサポートします/

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。

全国対応 24時間無料相談 03-6222-5467