仏壇はいつ買えばいいのか、購入時期を解説

仏壇はいつ買えばいいのか、購入時期を解説

仏壇の購入に最も適した時期があるのか?また、特に近親者に不幸がないのに購入しても良いのか?というような問題を考えるには、まず仏壇の目的から確認する必要があります。特に宗派によって決まっている法要などの行事と、仏壇をお参りする意味を考える必要があるでしょう。どのような仏壇をいつ買うのかという問題に付いて、ヒントになりそうないくつかのポイントを紹介します。このポイントを押さえて仏壇を購入すれば、最適な時期を逃しません。

仏壇の購入時期

特に購入時期を特定するような教義は存在しませんが、家族の葬儀を行った後で購入する場合には、やはり四十九日法要までには用意すべきでしょう。通常は法要までに本位牌を作りますから、安置する場所として仏壇があることが好ましいからです(位牌をつくらない浄土真宗を除きます。)。その他、購入に適した時期としては、1回忌などの年忌法要の開催時期が考えられます。法要へ招待した親族が仏壇へお参りできる時期の購入には、意味があるでしょう。ご先祖様を祀るという目的もある仏壇は、ご不幸がなくても購入する意味があります。最後に、自宅の新築や改築を行うときも購入時期として適当です。新しく購入する仏壇のサイズに合わせて建物を設計すれば、後で仏壇の設置場所に悩んだり購入した仏壇のサイズが合わなくなったりする事態を防げます。

仏壇の購入予算

特に基準とするものがなく、数万円から数百万円のものまである仏壇の予算。故人、およびご先祖様の供養をするという目的からすると、ある程度の金額のものを購入した方が良いかも知れません。ただし設置する場所や宗派によって選択すべき仏壇の種類が異なります。例えば金仏壇は、唐木仏壇に比べて高額になりますが、宗派が浄土真宗であれば金仏壇を選択するのが通常です。また長期間利用する仏壇ですから、できるだけ頑丈な作りのものが理想的ですが、それだけ高額になることは避けられません。さらに、お参りのたびに仏壇を眺めるわけですから、細かい部分の作りこみが雑でないかは確認した方が良いでしょう。こだわるほど高価になる仏壇は、結局のところ購入する時期の経済状態を考えて、無理のない範囲でできるだけ良いものを選択すべきでしょう。

仏壇を置く時に

仏教では、どの方角にも仏が存在しているという考え方があるため、仏壇の向きを限定する必要はありません。とは言っても、実際には諸説あるようです。例えば仏壇を南に向けて北を背にすべしという説。仏壇に直射日光があたらず、風通しが良い点では確かに意味があるでしょう。その他にその宗派の総本山に向けるべきという説も。落ち着いて礼拝できる座敷、あるいは家族が集まりやすい居間などが設置場所として適しています。ただし直射日光、湿気、温度変化などは要注意です。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級