新しいお墓のスタイル樹木葬

新しいお墓のスタイル樹木葬

石材を加工して墓標とする従来の永代供養に替わり最近人気を集めているのが、樹木を墓標とする樹木葬です。故人一人一人のために一本ずつ木を植える形、一本の木をシンボルツリーとして複数のご遺骨を埋葬する形などがあります。都立小平霊園で初めて募集が行われ、その時は16倍もの倍率を記録しました。

ここでは樹木葬の特徴や樹木葬にかかる費用について紹介しています。

樹木葬の特徴

樹木葬の特徴はなんといっても自然志向。樹木を墓標にして里山などに埋葬するので、死後は自然に還りたいという希望を持つ方々から人気を集めています。

また、永代供養ですが承継者が必要ありません。なので子供がいない、もしくは女の子しかいない方や独身者でも安心して購入頂けます。

さらに費用も比較的安価です。従来の墓石を使った供養は200〜300万程度かかるのに対し、樹木葬は30〜70万と、こちらの面からも注目されています。

樹木葬の種類

樹木葬には里山型と公園型の二種類の埋葬方法があります。

里山型は山などの森林をそのまま使い、より自然に近い形で埋葬します。散骨とは違い埋葬された場所が目印で分かるようになっています。

公園型は霊園内にシンボルツリーを植え、その周りに埋葬します。個々で区画を作っている場合と一本の木に複数の遺骨を埋葬する場合があります。特にシンボルツリーを桜とする桜葬は、毎年春に花を咲かせる桜を見ながら親族で故人を偲ぶというスタイルが人気を集めています。

樹木葬の費用

従来の墓石使用に比べ費用を抑えられるという面からも人気の樹木葬。大体が30〜50万円程度、高くても100万はいかないケースが多いです。年会費が数千円かかる場合もありますが無料の所もあります。

ここで都立小平霊園の例を見てみましょう。2012年に都立としては初めての樹木葬の募集をかけた時の倍率は16.3倍と大人気でした。費用は遺骨を粉骨にされていない状態で13.4万円、自分で粉骨にすると4.4万円ですみます。応募殺到の理由の一つでしょう。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級