他人と入るお墓がある?

他人と入るお墓がある?

子供がおらずお墓の承継者が不安な方や経済的な理由等で個別のお墓を建てる事ができない方のために、共同墓というスタイルがあります。生前のうちに会員組織に属し、死後に他人と入る共同のお墓に埋葬してもらうケースや、家族や夫婦、親しい友人と一緒に入るお墓を作るケースなどがあります。ここでは共同墓にする理由や共同墓の種類を紹介します。

他人と入る共同墓のメリット

共同墓にするメリットは大きく分けて3つあります。

・費用が安くすむ
大きな墓石を一つだけ使うお墓のため個別の墓石を用意する必要がなく、個人墓に比べて安く納骨・供養ができます。

・承継者がいなくても大丈夫
個人墓の場合はお墓を継いでくれる子孫等がいないと無縁になってしまいますが、共同墓の場合はお寺で永代管理してもらえるのでその心配がありません。

・お参りに来る方が多い
複数の遺骨が納められている分お参りする人も多いので、お線香や供え物もいつも新しいものであることがほとんどで寂しくありません。

家墓と個人墓

・家墓
「○○家之墓」「先祖代々之墓」などの文字がお墓に刻まれているのが家墓といって、家単位で親から子へと代々受け継がれていく共同墓です。そのため、承継者がいることを前提としています。現在ではもっとも一般的なお墓のスタイルといえます。

・個人墓
家墓に対して、故人一人のために建てるお墓を個人墓といいます。家墓が無い場合や生涯独身だった方、承継者がいない方などがこれを希望されます。お墓の管理はお寺と契約を結んだ上でお寺に任せます。
また、家墓がある場合でも残された家族が故人のために記念碑的な役割として個人墓を建てるケースもあります。

両家墓と夫婦墓

・両家墓
一人っ子同士が結婚しそれぞれの両親のお墓を建てたいが、二つの家のお墓を建てるのは経済的に厳しい…という時に、両家を合わせて祀る共同墓が両家墓です。「○○家之墓」といった文字を二つの名字で並列に刻みます。昔からある形ですが核家族化や少子化により近年増えてきたスタイルの一つです。

・夫婦墓
子供に恵まれなかった夫婦や、別の家に嫁いでいった娘が両親のために建てるものが夫婦墓です。夫婦は死後も離ればなれになる事はないとされ、同じお墓に納骨するのが望ましい形であるため生まれました。承継者がいないケースが多く、永代契約付きの供養であることがほとんどです。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級