納骨堂の選び方

納骨堂の選び方

もともと遺骨を一時的に保管する施設として普及していた納骨堂ですが、現在ではお墓に代わる永代供養墓として多数の人が利用しています。これまでのお墓とはかなり異なる部分が存在しますが、気軽にお参りができる環境をつくり出しています。

そしてお墓を管理するために必要な労力を、大幅に減少させる効果もあるようです。そろそろお墓のことを考えようかなと思っている人には、納骨堂という選択肢もあることを知っていただきたいと思います。以下に納骨堂の選び方を、その特徴に基づいて解説しています。

納骨堂の選び方

納骨堂を選ぶ際には、いくつかのポイントを事前に確認しておく必要があります。まずは高齢者でも気軽にお参りできる場所にあるかという点を確認して下さい。次に費用や設備の面を確認することになります。設備に見合った料金であるかという点と、これから将来に向けて発生する料金も気になるところです。

近くにある納骨堂であっても周辺にトイレや休憩所などが設置されていないようでは困ります。運営している寺院や民間会社がどこであるかを確認することをお勧めします。その経営状態がしっかりしていなければ、これから先のことが心配になります。特に納骨堂自体の改修、修理が必要になった場合の費用負担に付いては、明確にしておくべきです。

納骨堂の収蔵期間

納骨堂に遺骨を安置する期間については、かなりの差があるのが現状です。短い場合は1年や3年という納骨堂もあります。長いところでは50年間という長期間の安置を行うところもあります。一般的には33回忌まで納骨堂で収蔵される方式が多いようです。

この期間を経過した遺骨は、他の遺骨と一緒に合祀墓に移して永代供養することになります。なかには最初から合祀であったり、半永久的に骨壷の状態で供養してくれたりするところもあるようです。このように納骨堂ごとに契約内容が異なりますので、どのような形態の遺骨安置を何年間行うのかを確認する必要があります。さらに定期的に行われる合同供養とは別に、個別の供養を依頼した場合の費用についても、運営している寺院などに確認しておいた方が良いでしょう。

納骨堂のお墓参り

墓地とは異なり、納骨堂の種類によっては、お花を供えたり線香を焚いたりすることが許されない場合があります。また実際に遺骨を前にして拝むことができない場合もあります。しかし基本的に室内でのお参りとなりますので、雨や風に影響されることがありません。遠くの墓地にたまに行くよりは、ひんぱんにお参りできる方が良いと考える人には、納骨堂が向いているかも知れません。

一般的な納骨堂では、受付時間内に訪問すれば共有の場所か、別に用意されている参拝室で遺骨と対面することができます。参拝のさいに、お墓の手入れなどを行う必要がない点も納骨堂の良い所です。普通の墓地であれば掃除道具などを持参することもありますが、全くの手ぶらでも問題ありません。近くを通りかかったついでに気軽にお参りができるとしたら、納骨堂の方が参拝する機会が増えるのではないでしょうか?

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級