永代供養墓なら子どもに負担がかからない?

永代供養墓なら子どもに負担がかからない?

せっかく墓地を購入してお墓を立てても、それを承継してお参りをしたり、お墓の管理をしたりする人がいなければ意味がありません。最近では、承継者のいない人には墓地を販売していない業者もあるようです。そのため承継者がいなくても、墓地の管理をしている寺院が供養をしてくれる永代供養墓の人気が高まるのは、当然かも知れません。実際にどのような種類の永代供養墓があり、それぞれがどのような特徴を持っているのかを解説します。

永代供養墓の特徴

自分の墓の管理などを行ってくれる承継者がいなくても、契約することができる永代供養墓には、基本的に宗派に関係なく入ることができます。なかには子供などの承継者がいても、自分の死後に墓の管理などで負担をかけたくないと考えて、永代供養墓を選ぶ人もいるようです。遺骨の納骨方法については最初から遺骨を1カ所にまとめて土に還す方式と、契約によって決まっている期間内は骨壷に入れた状態で安置する方式があります。

さらに分骨して一部はそのまま安置する方法もあります。少なくとも一定期間は骨壷から出されることを望まない人は、事前に納骨方法を確認しておけば安心できます。さらに後から述べるように墓の種類も3つありますので、かなり選択の幅が広いと言えます。

永代供養墓の種類

永代供養墓にも3つの種類があります。「個別墓」は一定の期間は普通のお墓に遺骨を納めておき、その後で後から説明する共同墓タイプの永代供養墓に移転されます。それまでは個人、夫婦、家族の単位で1つのお墓に入ります。「集合墓」は遺骨を別々の納骨室に入れて、それぞれに小さな石碑などを立てます。それらが集合したものが全体として1つのお墓になります。

「共同墓」は血縁関係のない大勢の人が1つの墓に一緒に入ります。永代供養墓ではもっとも利用されている形態です。料金に付いては10万円から、高いところでは100万円程度となります。この中には永代供養料、納骨法要のお布施、および墓誌に名前を彫る費用などが含まれているのが通常です。また、個人墓の場合を除いて墓石を購入する必要はありません。

永代供養墓を選ぶポイント

永代供養墓の費用に関しては、どこまでが最初にまとめて支払う一式料金に含まれるのかを明確にしておく方が良いでしょう。特に永代供養墓自体の維持管理に必要な費用の負担に付いては、気にかける必要があります。その他にも供養を行う間隔のように、供養の本質に関係する部分も気になります。

基本的に「宗派に関係なく」入ることができますが、一部の寺院墓地では檀家になることや、その寺院で戒名をつけることを求めたりすることがあります。例えば現在一人暮らしであれば、自分が亡くなった後に遺骨の引き取りに対応してくれることを条件にして、永代供養墓を探す方法もあります。インターネットなどを利用して、詳細な対応内容を慎重に確認した上で、悔いのない選択をすべきです。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級