墓じまいに関するトラブル

墓じまいに関するトラブル

少子高齢化が進み、「お墓を管理する跡継ぎがいない」「お墓が遠くにあってお参りに行くことが難しい」といった理由で、お墓を処分することを「墓じまい」といいます。

しかし、墓じまいには、いろんな人が関わってきますので、どうしてもトラブルが発生しやすくなります。

もし、現在墓じまいについての悩みや不安、トラブルなりそうなどがございましたら、お気軽にご連絡ください。墓石コネクトでは全国の優良墓じまい店を協力会社として提携いたしております。

全国の優良墓じまい店はこちら

以下、墓じまいでよくあるトラブル内容となります。ご自身がまずはトラブルにならない為の知識を付ける事と、もしも現在トラブルになってしまっている方は、経緯を洗い出す際に参考になれば幸いです。

墓じまいでよくあるトラブル

1、親族とのトラブル

1、親族とのトラブル

お墓を継いだのは自分だからと、親族に知らせずに処分するとトラブルに発展することもあります。

承継者は個人であっても、先祖から伝わる家族の象徴としての意味合いを持つ場合もあり、親戚から非難を受けることもあります。

2、寺院とのトラブル

2、寺院とのトラブル

墓じまいを決めたときに、お寺に「お礼」として支払うお金の事を「離檀料」と言います。この離檀料というのが「いくら支払わないと駄目」というはっきりとしたラインがないためトラブルになりやすくなります。

だいたい数万円から10万円程度、多くても20万円が相場と言われていますが、法外な離檀料を寺院から求められることもあります。

3、寺院提携の石材店とのトラブル

3、寺院提携の石材店とのトラブル

高額な墓石撤去費用を要求される場合があります。寺院の提携店で、他の石材店を選べないという場合もあります。

また、墓じまいが終わった後に追加料金として別途請求をされるといった事例もあります。

トラブルを防ぐには

親族とのトラブルを防ぐには

トラブルを防ぐには

親族とのトラブルを避けるためには勝手に決めずに、必ず、余裕をもって親族に相談しましょう。
お墓を継いでいないとはいえ、親族にもお墓には思い入れがあります。

また、合祀されることに嫌悪感を持たれる方も、親族の中にはいらっしゃるかもしれません。墓じまいをするのは、ご自身の都合です。どうしてもお墓の管理が難しくなったら、親族に相談するなどして、勝手に墓じまいをしないようにしましょう。

寺院との離檀料トラブルを防ぐには

離檀料

墓地は寺院にとって大きな収入源でもあります。そのため、墓じまいをさせまいと法外な離檀料を求めてくる場合があります。

住職の欲の場合もありますが、寺院を存続させるためという場合もあります。しかし、法外な離檀料は問題外です。穏便に墓じまいをお考えでしたら自分で解決しようとはせず、最初の段階から冷静に対応をしてくれる行政書士に手続きを行ってもらうよう依頼をしましょう。

石材店とのトラブルを防ぐには

石材店とのトラブル

墓じまいが決まって突然行くのではなく、「墓じまいを考えている」時点で、しっかりと寺院に説明を行いましょう。それでも、どうしても認めない場合は、行政書士や専門業者に相談をしてみましょう。

墓石コネクトでは、墓じまいのサポートも行っております。墓じまいをお考えでしたら、まずは墓石コネクトまでご相談ください。

墓石コネクトでしたら、トラブルなく墓じまいを行うことができます。

  • \専門相談員がサポートします/

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。

全国対応 24時間無料相談 03-6222-5467