墓石解体と新墓石施工~完成までのプロセス~

東日本大震災で倒壊した墓石の解体と新墓石の施工をフローに沿って説明していきます。

現場:倒壊した外柵・墓石
現場:倒壊した外柵・墓石

お客さまとの打ち合わせ

倒壊した墓石の現地現場で、解体方法や新墓石に関し、『お客さまの満足が第一』との方針に基づき綿密な打ち合わせをし、お客まさの考えや要望・希望を丁寧にお聞きします。

外柵・墓石設計

  • 線画図面
    線画図面
  • CAD図面
    CAD図面

お客さまの要望や希望を最大限実現できるよう、弊社スタッフの豊富な経験を生かし
「線画図面」と「CAD図面」を作成し、お客さまへの提案と説明を行います。

基礎工事

基礎工事

倒壊した外柵と墓石をきれいに片づけ、填圧整地をします。
その後砕石を入れ再度定圧します。
納骨堂、及び外柵用「水抜き窓」を設けます。鉄筋間隔は200mm幅で配筋します。

基礎コンクリート流し

基礎コンクリート流し

コンクリートの厚みは150mm~200mmとします。
コンクリートを流した後7日~10日間養生します。

土止め工事(土止め工事が必要な現場)

土止め工事

土止め工事が必要な現場です。
土砂の崩落を防ぐため土止め工事をします。

外柵耐震工事

  • ステンレス芯棒
    ステンレス芯棒
  • L型金具
    L型金具

外柵の耐震として「ステンレス芯棒」や「L型金具」を最適な場所に設けました。
「L型金具」はダブルで止めます。

納骨堂据え付け工事

納骨堂据え付け工事

納骨堂は風化に非常に強い《白御影石》を標準として使用しています。
納骨堂の石の継ぎ目に×に切り込み《アイバ》を入れ石材用ボンドで止めます。

石碑及び外柵耐震工事

  • 石碑耐震工事1
    石碑耐震工事1
  • 石碑耐震工事2
    石碑耐震工事2
  • 外柵耐震工事
    外柵耐震工事

石碑、及び外柵の耐震工事は各接合部全てにステンレス芯棒を各2本と耐震ボンドで接合します。

墓誌及び付属品耐震工事

墓誌及び付属品耐震工事

墓誌、及び付属品の耐震工事は各接合部全てにステンレス芯棒を各2本と耐震ボンドで接合します。

完成 引き渡し

完成 引き渡し

完成後、引き渡し時に「開眼供養」及び「納骨法要」を行う場合、弊社担当者が立ち合いのもと引き渡しを行います。 後日、施工過程の写真をお渡します。

八乙女石産㈱プロファイル

八乙女石産㈱プロファイル
八乙女石産株式会社は、1985年創業以来、お客さまから多大なご信頼を頂き、
延べ900墓の施工実績があります。 けっして大きな石屋ではありませんが、
『お客さまの満足が第一』との方針で、確かな技術と信頼で、現在、過去、未来へと真心をこめて橋渡しの役をお手伝いさせて頂いております。
今後についても、社員一同日々気持ちを新たにし、
なお一層お客さまの信頼にお応えできるよう倍旧の努力をしてまいる所存でございます。

日本石材産業協会加盟店
仏教墓塔研究会会員

代表取締役 黒羽 利雄

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級