なぜ骨壷に水が溜まるの?


time2016/02/27

なぜ骨壷に水が溜まるの?

お墓参りの際にお墓周辺の清掃は行いますが、骨壷の中を確認することはなかなかないですよね?
実は骨壷の中には気づかない間に水が溜まっていることがあります。

湿気の多い地域では、蓋が浮いてしまうほど水が溜まっていることもあり、20~30年放置すると遺骨が完全に浸水している場合もあります。
なぜ骨壷に水が溜まってしまうのか、その原因や対処法をご紹介します。

なぜ骨壷に水が溜まるの?

骨壷に水が溜まってしまうのは、湿気によって発生する結露が原因です。

遺骨が納められているお墓の納骨室やお寺の納骨堂は、
普段は閉鎖されているので風通しが悪く湿度が高くなりやすいので、結露が発生してしまうのです。

また、骨壷の材質は主に、陶磁器・大理石・御影石・合成樹脂性のものがほとんどで、通気性に優れないため、骨壷の表面や内面に結露しやすく特に内面の結露によって生じた水滴が骨壷に溜まっていきます。

骨壷に水が溜まらないようにするにはどうしたらいいの?

カロート内(納骨室部分)の通気を良くすることは構造上難しいので、現在考えられているのが骨壷に工夫を施す3つの方法です。

1.骨壷の底に穴をあける
骨壷の底に排水できる穴をあけて、外へ水分を逃がす方法です。一番早く対処できる方法ではありますが、穴をあける時に骨壷ごと割れてしまう場合もありリスクが伴います。

2.あらかじめ底に穴があいている骨壷を使用する
価格相場:6千円~
最近では排水用に底に穴があいている骨壷が購入できます。高材質のものに比べお手軽価格となっています。
しかし、水が溜らない代わりに穴からゴミが入ってしまうことがあります。


出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/memorialkobo/bfe5c8b4a4.html


3.自然と外部へ水分が染み出ていく材質の骨壷を使う
価格相場:約1万円~
骨壷に水が溜まることにお悩みの方は多く、専門業者で様々な骨壷が開発されています。
乾燥性の高い材質を使った骨壷や外部へ水分を排出させる骨壷など機能性の高い骨壷が誕生しています。
現在の骨壷から遺骨を移しかえるのに抵抗がある方は、お坊さんや石材店に依頼できる場合もあるのでご相談してみる事をおすすめします。

・外部へ水分を排出する様子


出典:http://w-stone.sakura.ne.jp/09/


まとめ

骨壷は、中に一度仕舞ってしまうと見えないものなので、比較的お安い骨壷を選ぶ方も多いではないのでしょうか。
しかし、水が溜まっているとカビの原因になったり、遺骨が塊になってしまったりと『気づいた時にはひどい状態になっていた』ということはよくあります。 長い目で見れば、選ぶ骨壷によっては定期的な手入れの必要もなくなりますので、それぞれの地域の気候に合った骨壷を選ぶことをおすすめします。


詳細はこちら一覧へ戻る

関連記事関連記事

おすすめ記事おすすめ記事

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

お墓ディレクター2級