関西、中国地方では、お墓といえば大島石!


time2015/08/23

関西、中国地方では、お墓といえば大島石!

大島石は愛知県の大島という島で採掘される為、大島石という名前の由来になります。

大島石は関西、中国地方ではお墓の石ではとても人気があります。お墓の石は常に雨風があたる外にある為、石自体が強くないと向いていません。

そういった意味では大島石は耐久性にすぐれており、雨水の水分の吸収がしにくい為サビや変色を受けにくい石材となり墓石にはピッタリの石材です。

大島石は建物でも利用されている

大島石は「耐久性が強い」「変色しにくい」「撥水性に優れている」という点、実は高級石材とされています。

多くの有名な建物でも使われており、「国会議事堂」「大阪心斎橋」「愛媛県庁舎」にて使用されております。

もちろん他にも記念碑やモニュメントや一般建設材として幅広く利用されています。

品質によってランク付けされる大島石

大島石は品質によってランク付けされています。皆さんの身近なところでいうと、牛肉のランク付けやダイヤモンドのランク付けの様に、石の品質によりランクが定められています。

そのランク付けによって、有名な建物で使用されたり、一般的な建物で使用されたりの基準となります。

大島石(特級)

大島石の最高峰です。石目は細かで、青みを含んだ気品がある見た目です。

石自体が固くて、吸水性が低く、色あせもないと言われています。

最近では発掘できる事が少ない為、希少価値が高い石と言われています。

発掘現場の間隔では全体の約5%~7%の割合でしか発掘できないとの意見がある様です。

大島石(一級)

大島石の中で最も墓石として利用されるのがこの一級です。

特級よりも石目はやや大きなものがあり、時が立つにつれて青みが増すと言われております。

関西、中国地方では絶大な人気があります。採石量も多く安定して供給できております。

大島石(二等)

一級よりも、石目が大きなものが二等とよばれます。

基準として一級よりも石目が粗く、黒玉、白玉がバラバラに若干目立ちます。

石材店や石のメーカーでは二級ともよばれています。

実は石材店や石のメーカーでも一級との見極めは難しい様ですので、大島石を墓石に使う場合には、一級と二等を比べて比較したいと石材店に要望を言い、確認する事をオススメします。

大島石(カレイ)

この大島石はカレイ山で発掘された物の呼び方になります。

特徴は他の石と変わりはなく、石目がやや大きく、まれに黒玉が多く出現する事がある様です。

大島石を墓石に使用する際には比較をしましょう!

大島石のランクは石の白玉、黒玉ときめ細かさで判断をする為、石材店にお願いして比べる様にしましょう。

そうしないと素人目にはまず判断ができないと思います。

最終的な判断はしっかりとみて購入を検討しましょう。


詳細はこちら一覧へ戻る

関連記事関連記事

おすすめ記事おすすめ記事

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

お墓ディレクター2級