墓じまい特集~手元供養編~


time2015/07/15

墓じまい特集~手元供養編~

これからのお盆シーズンでの悩みなのが、「墓参りが遠くて大変」「継承者がいない」などの悩みを抱えている方は沢山いらっしゃると思います。

ご安心ください。

お墓は必ず建立しないといけないという訳ではありません。

今回の特集はお墓の撤去後のご遺骨のその後の供養方法についてご紹介致します。

手元供養ってなに?

手元供養は粉骨後、ご遺骨をお仏壇などでご自宅に置き供養をしたり、ご遺族で分け形見としてオブジェ加工をしたり、ペンダント・指輪・ブレスレットに納骨をし、常に身近に故人を感じる事ができる供養方法となります。

ご遺骨をお墓以外で、ご自宅などに保管する事は、公に認められている行為となります。死後は必ずお墓へ納骨しないといけないという事は常識化しておりますが、法律や義務での一切決まりはございません。

遺骨はお墓に入れないと「故人が成仏できない」という訳ではございません。

遺骨に故人の魂が宿るわけではなく、仏教では四十九日を過ぎると魂は浄土すると言われております。

大切なのは残された遺族の方自身が供養したいという気持ちがお墓であったり、ご自宅であったりでなんらかの形になる事です。

墓じまい後のご遺骨はメモリアルアートもオススメ!

墓じまい後のご遺骨はどうするの?もうお墓は建立しない。という方にオススメなのが、ご遺骨を粉骨してからの、メモリアル化です。最近では骨壷がオシャレになっていて、お仏壇には合わないのですが、かなりカラフルでデザイン豊かなミニ骨壷などがあります。普通に本棚の上に写真と一緒に隣に置いておいても違和感がなく、女性にピッタリの形と言えるでしょう。 他にはペンダントやブレスレット・指輪の中に納骨する事もできます。「メモリアルペンダント」や「遺骨ペンダント」と言われ、全体でまとめると「soul jewelry」との呼び方もあります。

ペンダントを例に出すと、ペンダントトップの中にご遺骨を入れるポケットがあります。

ポケットは小さめのドライバーで開けて、中に粉骨した遺骨を入れて閉めるだけというシンプルな作りとなっております。

ジュエリーという言い方では女性向けというイメージが付いてしまいますが、男性用のデザインもありますので、男女関係なく身に付ける事ができます。

墓じまいでご遺骨のその後をご考えの方は、手元供養のメモリアルという選択も考えてみてはいかがでしょうか。


詳細はこちら一覧へ戻る

関連記事関連記事

おすすめ記事おすすめ記事

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

お墓ディレクター2級