都立霊園が人気の理由


time2015/06/11

都立霊園が人気の理由

遺骨を静かで自然に囲まれた環境に埋葬したいという希望は、遺族の誰もが持つと思います。
そのような埋葬施設を交通の便が良い場所に確保しているのが、都立の霊園。
ただし1つの空きに対して、複数の希望者が存在するのが通常。

安価な利用料金で、良い環境にある墓地を利用できる公営施設である都立霊園は、厳格な要件を満たす必要がある狭き門かも知れません。
ところが霊園のある場所によっては、比較的低い倍率の場合も。

都立霊園について

お墓を建てるために必要となる墓地を、運営主体によって区別してみましょう。

東京都が運営している墓地は都立霊園と呼ばれます。
運営者による区分からすれば、都立霊園は「公営墓地」ということになります。
運営主体が企業や寺院などである「私営墓地」とは、運営方法や費用などの点で大きな違いがあるのが通常です。

東京都の場合は、都内と千葉県の計8ヶ所でこのような埋葬施設を運営しています。
人気が高い都営霊園の場合、いつでも墓地の空きがあるというわけではありません。
多数の希望が集中する状況が通常であるため、常に抽選を行います。

都営霊園の抽選に応募するには、一定の資格を持っている必要があります。
例えば希望する埋蔵方式によって、都内に5年(又は3年)以上継続して住んでいることなどを要件とする募集内容が通常です。
利用者を募集している霊園や埋蔵施設によっては、さらに別の条件を満たす必要も。

都立霊園のメリット

都立霊園のメリットとして最初に書くとしたら、その運営主体が安定しているという点を挙げることになります。
企業などが運営している私営の施設では、運営主体の合併や倒産などによって、契約時には予想もしていなかった事態が発生する可能性があります。
その点、東京都が運営している都営霊園にはそのような心配がありません。

次に、管理費用が一般的に安価である点を挙げる必要があるでしょう。
年間の管理料を支払うことができなければ、その墓地を継続して利用できなくなります。
そのため、できるだけ低額の管理料を設定している墓地が望まれます。

その他にも都立霊園には良い点があります。
例えば故人が信仰していた宗教による制限がないことです。
私営の墓地では、宗旨や宗派によって、お墓を建てることができない場合も。
さらに比較的、交通の便が良い場所にあるのも、都立霊園が好まれる理由です。

応募しても必ず当たるわけではありません

人気の高い都立霊園には、どうしても希望が集中。
東京都の場合は、毎年7月初旬に空きの出た墓地の利用者を募集します。
応募者は利用者を募集している霊園のなかから、希望するものを1つだけ選択。
最終的には、東京都による公開抽選によって使用者が決定します。

去年の倍率を具体的にみると、例えば港区にある青山霊園の応募倍率が14.2倍。
台東区にある谷中霊園が12.9倍でした。
都内の霊園では、かなりの高倍率となっています。
その逆に府中市にある多磨霊園が3.6倍。
東村山市にある小平霊園が4.1倍(小型芝生埋蔵施設の場合)ということでした。

郊外の霊園の方が当選する可能性が高いことがわかります。
雑司が谷霊園と、染井霊園は、去年は募集自体を行いませんでした。
どの都立霊園も年間の管理料金は、1220円から3660円の範囲におさまる程度です(墓地の面積に応じて計算)。
二重に申し込むと、全ての申し込みが無効となる点には、要注意。


詳細はこちら一覧へ戻る

関連記事関連記事

おすすめ記事おすすめ記事

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

お墓ディレクター2級