最大6社の優良石材店から

無料見積り!

同じ墓石と同じ工事で100万円以上の
差が出る事例多数!比較がとても重要です。

一括見積りスタート

墓石の相場

~知っておきたい墓石の相場~
都道府県別の墓石価格

永代使用料・墓石の値段相場を解説

見積りを依頼する
見積りを依頼する

最大6社の見積りを比較
最大6社の
見積りを比較

石材店を決定
石材店を決定

お墓の完成 お祝い金の贈呈
お墓の完成
キャッシュバック贈呈

墓石の価格・相場を理解し、安く購入する方法を知る

墓石の価格・相場を理解し、安く購入する方法を知る

墓地はあるが、いざ墓石を購入する際に最も気になるのが価格です。お墓を建てる機会は少なく、初めての方がほとんどで価格や相場について分からないというのも当然です。

業界にも不透明な部分が多く、同じ墓石でも100万円以上の差が出る事例を耳にすることもあります。

墓石の購入にあたり値段や相場について、最低限の知識を持ったうえで検討しなければ、あまりに高い金額で購入させられるかもしれません。

ここでは、墓石の価格がどのように決まるのか、また相場はどれくらいなのかを解説します。トラブルなく、納得のいく墓石の購入ができるよう参考にしてください。

墓石の価格・相場を理解し、安く購入する方法を知る

墓石価格のデータを様々な切り口から見ていきましょう。(※数値は墓石コネクト調べ)

購入費用を価格帯で分けると以下のようになります。100万円~200万円で購入される方が約半数を占めますが、50万円未満や500万円以上での購入もあり、価格の幅は意外と広いことが分かります。


1-1.墓石購入価格の分布



和型、洋型、デザイン型といった墓石のタイプごとに値段を比較してみます。全体の相場でも、コネクトの平均価格でも洋型墓石が安い傾向が見られます。

洋型は比較的シンプルなデザインが多く、加工費を抑えられるためと考えられます。東日本大震災の影響もあり、地震に強い洋型墓石の需要が高まり、全体の価格にも影響を及ぼしています。

全種類墓石

全種類墓石

墓石相場
158万円

全種類墓石

墓石コネクト価格
92万円

66万円DOWN!!

墓石コネクトでは、優良石材店による相見積りを行うことで価格を抑えられる傾向があります。また、費用を抑えた新規建墓をご希望の方からのお問い合わせを多数いただいており、全体的にも低価格帯での建墓が多いため平均価格は安くなっています。

和型墓石

和型墓石

墓石相場
171万円

和型墓石

墓石コネクト価格
97万円

74万円DOWN!!

和型墓石に用いられる石種は多彩で、加工やデザインなどこだわる部分もたくさんあります。そのため価格の幅も広く、高級なものからコストパフォーマンスのよいものまで、多種多様に建墓されています。

洋型墓石

洋型墓石

墓石相場
152万円

洋型墓石

墓石コネクト価格
87万円

65万円DOWN!!

洋型墓石はシンプルなものが多く、加工による値段の違いは生じにくくなっています。そのため相場と墓石コネクト平均価格の差も65万円と、和型墓石に比べると小さくなっています。

デザイン墓石

デザイン墓石

墓石相場
183万円

デザイン墓石

墓石コネクト価格
131万円

52万円DOWN!!

写真にあるように独自の凝ったデザインでの設計となると、加工にも技術が必要となるため高額になりやすいです。あまり数は多くありませんが、稀に独創的なデザインでの建墓を希望される方もいるため、価格は高くなっています。


エリアごとに購入費用を比較してみます。九州で高いというデータになっています。

1-3.エリア別墓石価格の相場

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はここから!

記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

2. 墓石の値段を決める5つのポイント

2. 墓石の値段を決める5つのポイント

相場を見ることで、墓石の価格がどれくらいかというイメージを持つことができたでしょうか?基本的にフルオーダーで作る墓石に定価という概念はなく、30万円前後のものもあれば、1000万円以上するものもあります。

では、その価格の差は何で生 まれるのか?墓石の値段を決めるポイントをおさえておいてください。

2-1.石の種類

2-1.石の種類

どの石材を使うかは、墓石の価格を左右する最も大きな要素です。お墓に使用される石種は150種類以上もあり、国内での産出量の減少などから輸入石材も多く用いられています。

墓石に適した石材は、一般的には吸水率が低く耐久性に優れていて、石質が均一でムラや傷がなく粘りのある石がよいとされています。そういった石の価格は当然高くなる傾向にあります。

また、産出量が少ない石材や、皇室などでの使用があった歴史的背景がある石材などは希少価値が高く、価格が高くなります。

石種ごとにどれくらい価格に差が出るのか、いくつか石種を例として挙げます。

<一才あたりの価格単価>

石種名称
(産地)
一才あたりの
価格単価
説明
庵治石 極上細目
(香川県)
320,000円 「斑(ふ)」と呼ばれる結晶が、魚の鱗のように入り濃淡の美しさにあります。「斑」の模様が墓石全体に、美しく入ったものを特別に「極上細目」といいます。
大島 特級
(愛媛県)
138,100円 古くから銘?として知られ、美しい青みを帯びた色合いと上品な色目のある石材。石質は硬く風化しにくい。国会議事堂などにも使用される歴史的価値のある石材でもある。
ブルーパール
(ノルウェー)
98,900円 パール結晶の光沢が特徴。角度を変えれば輝き方が変わる石種。ブルーの濃淡・パールの多少・原石の大小などにより価格が異なる。
ニューインペリアル
(インド)
87,500円 「インド赤」と呼ばれるインド産の代表的な赤御影石。 硬質により吸水率が低く、耐久性に優れた高級石材、主に洋型墓石やデザイン墓石に採用される。
中国 614
(中国福建省)
41,300円 中国産石材として代表的な御影石で典型的な白小目、和型墓石によく使われているポピュラーな石。 採掘量は多くある程度の色合わせは可能だが、石目・色のバラつきがある。

※上記単価は一般的な目安で、単価は石材店ごと

※上記単価は目安で、同じ石でも等級やそれぞれの石材店によって価格は変動します。

2-1.石の種類

 

2-2.石の使用量

墓石は石のブロックを削って作ります。大きな墓石になればなるほど、大きなブロックが必要となり値段も高くなります。複雑な形状に加工すると、完成したサイズが大きくなくとも、大きなブロックが必要な時もあり高価になりやすいです。

  • 値段が安い(石量が少ない)
  • 値段が一般的(石量が一般的)
  • 値段が高い(石量が多い)

2-3.石の加工費

墓石の形状の加工には手間がかかるので、そこも全体の価格を変動させる要因となります。複雑な加工になると高度な技術が求められ、より高価になりやすいです。

  • 値段が高い(加工が少ない)
  • 値段が一般的(加工が一般的)
  • 値段が高い(複雑な加工が多い)

2-4.付属品

墓石の本体である竿石の他にも外柵や墓誌など様々な付属品があります。自分のイメージ通りのお墓に仕上げるためにも付属品は欠かせませんが、その有無によって費用がかかります。

外柵や墓誌にも石材が使われるので、竿石と同様に使用量や加工費によって値段は大きく変動します。代表的な付属品とその参考価格を以下で説明します。

名称 イメージ 説明 参考価格
玉ジャリ 玉ジャリ 玉ジャリ砂利を敷いた場合、雑草が生えにくくなり、土のままより高級感が出ます。 5,000円~
10,000円
蓮華
(れんげ)
蓮華 蓮の花をかたどってつくる加工。竿石の台座に用いられるケースが多く、和・洋ともに用いられる。 10万円~
30万円
卒塔婆立て 卒塔婆立て 言葉のルーツはサンスクリット語の巣トゥーバーで、トゥーバーとは、お釈迦様の遺骨を納めたものです。 1万円~
5万円
墓前灯篭 墓前灯篭 お墓に建てる灯篭を墓前灯篭といい、灯火によってお墓に眠るかたを供養するためのもの。一対か、右側に一基設置するのが一般的。 3万円~
20万円

2-5.施工費用

お墓の大きさや外柵の有無に加えて、墓石を設置する墓地・霊園の環境によって工事にかかる費用が変動します。お墓を運搬するトラックやクレーンを使う環境が重要です。道幅や整備されているかといった要因で、設置の難易度が上がれば価格も高くなります。

  • 値段が安い(車1台分が通れる道幅)
  • 値段が一般的(台車で運べる道幅)
  • 値段が高い(台車で入れない道幅)

3. 墓石を安く買う方法

ここまで墓石価格の基礎知識をお伝えしてきました。実際に墓石を安く買う方法はないのか?というところについて説明していきます。

3-1.墓石を安く買いたいなら絶対にするべき「比較検討」

3-1.墓石を安く買いたいなら絶対にするべき「比較検討」

「不当な金額で買わされたくない」「しっかりしたものを安く買いたい」といった気持ちはみなさんお持ちではないでしょうか。適正な価格、それよりも安い価格で購入するために絶対にやるべきこと、それが比較(相見積り)です。

例えば日常的な買い物を考えてみましょう。スーパーで牛乳を買うとき、近くに3件のスーパーがあればそのチラシを見比べて安いところを選ぶという行為は一般的だと思います。

電化製品を購入する際も、実際の店舗をいくつか回り、さらにインターネットで価格.comなどの通販サイトも見て検討されるという方もいるのではないでしょうか。

比較することで、同じ商品でも安いところと高いところがあることに気づくはずです。その中から選ぶだけでも不当な金額で買わされるといったリスクは激減します。値段だけでなく、サービスなども比較することでより納得のいく墓石購入につながります。


3-2.展示品やカタログ品は安い?

3-2.展示品やカタログ品は安い?

お墓は基本的にオーダーメイドで作りますが、そうでないものもあります。展示場におかれていた展示品や、あらかじめ型の決められているカタログ品などです。

これらは寸法を計測したり、デザインを作成したりといった工程が必要ないため、コストを削減でき、売値も安くなります。

最近ではインターネット通販でお墓を購入することもできます。一般的にネットショップは実際の店舗の維持に必要なテナント料などを削減できるので、価格を抑えられると言われています。

「安く買う」という点を重視するならば、お近くの石材店に通販のお墓も加えて比較するのもいいでしょう。

4. まとめ

4. まとめ

墓石価格の相場や基礎知識、安く買う方法を説明してきましたが、お墓は安く買えればいいというものではありません。

家のように長く付き合っていくものですので、品質や石材店の保証・アフターフォローといった点も十分に検討する必要があります。

「追加の戒名彫刻に対応してくれない」「細かい修理に対応してくれない」といった不満のあがる石材店もあれば、「お墓が完成した後も定期的に清掃、補修してくれる」「追加の戒名彫刻も安く受けてくれる」といった評判の良い石材店もあります。

お墓を購入する際はぜひとも長期的な視点も持ち合わせて検討するのがおすすめです。

墓石コネクトは皆様の納得のいく墓石選びをサポートしていきます。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はここから!

記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。