石の伏見(代表メッセージ)

名前伏見一洋
経歴など石匠五代 石の伏見代表
コメント物心ついた時から父の背中を見て育ち、いつしか尊敬し、「石屋になるんだ!」という自分の夢に強い想いを抱くようになりました。その想いは幼い頃からぶれることなく、石屋になるために邁進してまいりました。
明治初期に高祖父が奈良は橿原の地で創業した石の伏見。そして時代が変わり、平成26年4月に先代より家業を引き継ぐことになりました。
従来の頑固な石材店のイメージを変えるような温和な石屋にしたいと強く思っています。
また、歳の近い弟と二人三脚で歴史ある石屋を守っていくと誓いを立てました。どんな時でも笑顔を絶やさず明るい店舗にすることを一番に考え、日本で一番フットワークの軽い石屋になることを目指し、日々努力しています。
大学では仏教を学び、卒業後中国で一年間の勉強をし、石屋になるための礎を築いてきたつもりです。
さまざまなニーズにお応えするべく新しいお墓のカタチを考えながらも、今まで先人たちが築き上げてきた、お墓、お墓参りの文化を決して絶やすことなく、これからも伝えていけたらなと考えております。
企業理念私たちが第一に掲げるのは、お客様に笑顔でお墓のことを考えていただくことです。お墓の建立から墓じまいまで、石の伏見に依頼してよかった心から思っていただけるような、そんな仕事を心がけております。
  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。

全国対応 24時間無料相談 03-6222-5467