墓石デザイン

墓石デザイン 近年、伝統的な和型墓石の他に、洋型のデザイン型(オーダーメイド型)墓石をお作りになられる方が大変多くなってきております。

デザイン墓石を作成するにあたり、ただご自身の思い描く形で墓石を作ればいいかというとそうではありません。ここでは、デザイン型墓石(オーダーメイド型墓石)を作成するにあたってのポイントと作成の流れについてまとめておりますので、ご参考にください。

デザイン型墓石を建てる時のチェックポイント

1、墓地に墓石の形の制限はないか

1、墓地に墓石の形の制限はないか墓地(霊園)によっては、墓石の高さや区画の大きさ、形を制限されている場所があります。今回対象となる墓地(霊園)は自由な形の墓石(デザイン型)を建てられる墓地かどうかを事前に確認しておきましょう。

2、ご家族や親族内で建てるお墓の意見は合致しているか

2、ご家族や親族内で建てるお墓の意見は合致しているかデザイン型墓石は石材店と何度かの打合せを経て、詳細をまとめていきますが、いざ作成に入ると、まとまった方向性(デザイン)で、石の切り出しから行っていくことになります。

デザイン型墓石は特に、お客様のご要望に沿ったものを形にしていくため、完全にオリジナルな墓石になる分、作成途中から「やっぱりこうしたい」などのやり直しが効かないケースが多いです。

そのため、事前にご家族や親族含めて、しっかりと話し合い、どのような墓石をつくるか、ご意見をまとめておく事をお勧めします。

3、石材店にご自身のイメージはちゃんと伝わっているか

3、石材店にご自身のイメージはちゃんと伝わっているか前項と同様、デザイン型墓石はやり直しの効かないケースが多いため、石材店ともしっかりと詳細を擦り合わせ、しっかりとした完成イメージを共有しましょう。

CADを用いて、3D画像の提示をお願いしておく事をお勧めします。

4、予算は当初の範囲内でおさまるか

4、予算は当初の範囲内でおさまるかデザイン型墓石(オーダーメイド型墓石)は、デザイン費用を筆頭に、一般的な形の墓石と比べると墓石の総額が大きく変わってきます。

詳細を詰めていく前に、石材店へお客様の予算感を明確に伝えた上で進められることをお勧めします。

5、墓石の構造的な問題はないか

5、墓石の構造的な問題はないかお客様のイメージした通りのデザイン型墓石が完成したとしても、構造的(機能面)な問題に気づかず、後々に劣化の進行が早まるなどの問題に繋がってしまうこともあります。

墓石として、使いやすさを考慮されているか、水が溜まらない設計になっているか、お骨を入れるスペースが十分に確保されているかなど、機能面でも最新の注意を払いながら進めていかれることをお勧めします。

6、納期は希望していた時期に間に合うか

6、納期は希望していた時期に間に合うかデザインに拘ると、当然打ち合わせから設計、石の加工などを筆頭に時間がかかるに伴って、納期が長くなってしまいます。

事前に納期面でも、しっかりと石材店と擦り合わせをした上で着手することをお勧めします。
  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

一括見積りスタート!(無料)

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

お墓ディレクター2級