最大6社の優良石材店から

無料見積り!

同じ墓石と同じ工事で100万円以上の
差が出る事例多数!比較がとても重要です。

一括見積りスタート

お墓の基礎知識

~理想のお墓を建てるために~
知っておきたいお墓の基本

墓地・費用・デザインの選択肢

見積りを依頼する
見積りを依頼する

次へ

最大6社の見積りを比較
最大6社の
見積りを比較

次へ

石材店を決定
石材店を決定

次へ

お墓の完成 お祝い金の贈呈
お墓の完成
キャッシュバック(注)贈呈

お墓の基礎知識

お墓の基礎知識

お墓について、お墓を建てる事は非日常的で初めての方も多く、どこから初めて何を決めていけばよいか分からない方が大変多くいらっしゃいます。

こちらのページでは、大枠の「お墓を建てるにあたっての流れとポイント」について解説しております。

初めてと言って、何も知らずに石材店から提案されるがままになると、気がついた時には想定以上の費用になっていたり、思っていたお墓と形やデザインが全く違っていたり、劣化の進行が想定していたよりも早かったり等、問題も多くなりそのような声も後を絶ちません。お墓を建てるにあたって最低限はご自身で知識を収集し、まずは「理想」をおつくりになられる事をお勧めいたします。

お墓を建てる流れ

お墓を建てる流れ

お墓をなぜ建てるのか?

お墓はもともと遺骨を埋葬する場所ですが、遺骨を収める場所がないからお墓を建てる、という考えでお墓を建てる方は必ずしも多くありません。残された家族や子孫に負担をかけたくないという考えで、近年では生前にお墓を建てる方も増えています。

亡くなったご家族のために建てる場合でも、生前に建てる場合でも、共通するのは、「亡くなった人への供養」「先祖を敬う」気持ちではないでしょうか。哀悼の気持ちで建てられたお墓は、亡くなった人の生きた証の一つとして、残された人とのかけがえのない接点になります。

お墓を建てる一般的な流れ

いざお墓を建てるとなったとき、どういった流れで進めていけばいいのか?一般的な流れは以下のようになります。

1墓地の情報を集める
墓地の情報を集める広告、インターネット、新聞や雑誌の記事などで情報収集をしましょう。公営墓地の応募・抽選は時期が限定されていることが多いので、自治体の広報紙やホームページをチェックしましょう。
2予算をたてる
予算をたてるお墓にかける費用、広さ、タイプ、墓地の立地などの条件を設定し、どんなお墓を作りたいかイメージを決めましょう
3墓地を選ぶ
墓地を選ぶ費用、立地条件、宗派の規定など契約内容を検討します。現地を確認することをおすすめします。
4石材店を選ぶ
石材店を選ぶ墓地によっては石材店が指定されている場合があります。長く付き合える優良な石材店をよく検討して選びましょう。
5墓石を選ぶ
墓石を選ぶ墓石の材質や形、刻む文字などを決めます。付属品なども必要に応じて注文しましょう。
6お墓の工事
お墓の工事区画の基礎工事、外柵工事、石材の加工や設置を行います。お墓にもよりますが、1~2ヶ月かかります。
7お墓の確認
お墓の確認成したお墓を確認します。石材店への支払いは完成後に全額支払う場合と、前金制の場合があります。

予算をたてる

お墓を建てる費用の内訳は?

お墓の費用については、大枠以下3つから構成されています。

お墓の費用
お墓の費用

=

永代使用料
永代使用料

+

墓石+工事費
墓石+工事費

+

管理費用
管理費用

永代使用料と管理費用は主に墓地(霊園)に支払う費用になります。墓石費と工事費は石材店に支払う費用になります。

予算をたてる際のポイント

予算をたてる際のポイント

お墓を建てる際にかかる費用は墓石の費用だけではありません。墓石の費用が大きな割合を占めますが、墓地の立地や面積によっては永代使用料も高くなるケースもあるので注意が必要です。

また、墓石の価格が安くても工事費が高く、当初の予算を越えてしまったということもよくあります。石材店に支払う費用は墓石費と工事費がありますので、2つを合わせた価格が予算に合っているのかどうか、見積りを確認する際は注意しましょう。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718

墓地(霊園)の種類

墓地は以下の3つに大別されます。

寺院境内墓地(寺院墓地)

寺院境内が経営を行っているものが寺院墓地といいます。 公営墓地や民営墓地とは形態が異なり、寺院墓地はその宗教活動の一環として捉えられ、基本的には檀信徒契約が必要となります。

寺院墓地は管理が行き届いていて安心できますが、宗教・宗派が限定されていることや石材店を指定している事が寺院によってあるため、事前に確認される事をおすすめします。

和型墓石

公営墓地(公営霊園)

公営墓地は、自治体(都道府県や市区町村)や、自治体が管理している公益法人が管理している墓地をいいます。永代使用料が安価で宗教が不問であり、民営霊園や一部寺院霊園と違い、石材店の指定が無い事でご自身で選定できるというメリットがあります。

但し、募集の期間が決まっておりその期間が短い事や、募集の数自体が少ない事で、首都圏では特に抽選になることが多いです。また、墓石の形に制限がある場合もあるので事前に確認しておく事をお勧めします。

公営墓地

民営墓地(民営霊園)

民営墓地は、宗教法人または公益法人が運営している墓地のなかで、宗教や宗派が不問の墓地として販売されている墓地をいいます。また、民営霊園は、石材店や開発業者が直接開発に携わっており、名義は宗教法人となります。

民営霊園は公営と比べて販売数が多いため、比較的確保しやすく、墓石のデザインなどの制限がないのが特徴です。但し、永代使用料や管理費は割高で石材店の指定がほぼ入っているため、当社のような比較サイトを通してなど、ご自身の好きな石材店を選定する事ができないタイプの霊園になります。

民営墓地

墓地の種類ごとのメリット・デメリット

  メリット デメリット
公営墓地
  • ・永代使用料や年間管理費が安価
  • ・石材店を自由に選べる
  • ・どの宗教でも利用できる
  • ・首都圏では特に競争率が高く入手が難しい
  • ・募集の期間が決まっている
  • ・墓石の形状に制限があることが多い
民営墓地
  • ・販売数が多く確保しやすい
  • ・墓石の形状にあまり制限がない
  • ・どの宗教でも利用できる
  • ・永代使用料や年間管理費が割高
  • ・石材店を指定されることがほとんど
  • ・郊外では交通の便が悪いところもある
寺院墓地
  • ・法要のさい、お墓と寺院が近いので便利
  • ・寄付やお布施をする必要がある

墓地選びのポイント

まずは墓地の情報を集めて比較しながら絞り込みましょう。その際に以下の3点に注意することをおすすめします。

① 価格だけでなく広さにも注目する
POINT1 広さ墓地の値段(永代使用料)に目がいきがちですが、その墓地の区画面積を確認しましょう。安価な墓地だと思って見学に行ったら面積がとても小さかった、というケースもあります。1㎡あたりの価格で比較することをおすすめします。
② 立地にも注意する
POINT2 土地お墓は建てるだけでなく、お墓参りをして供養することが重要です。交通の便が悪いところでは足が遠のいてしまいます。園内に階段や坂が多いところだと高齢者のお参りでは利用しにくく、水くみ場が少なければ墓石を洗うのも大変です。お墓参りする時のことを考えて、アクセスや設備にも注意しましょう。
③ 墓地の管理状況もチェック
POINT3 管理状況トイレや休憩所などは清潔に保たれているでしょうか?長く付き合う墓地を選ぶ際には、管理状態や管理・運営する事業主体の経営状態もチェックしましょう。

石材店を選ぶ

お墓を建てる際に最も重要なのが石材店選びです。優良な石材店を選ぶことで満足の行く墓石を作ることができ、希望に合ったお墓を建てることができます。石材店が指定されていない場合は、十分に比較検討して石材店を選ぶことをおすすめします。

墓石の形

お墓の中心となる墓石は、形状だけをとっても多種多様で、そこからさらに石の種類や刻む文字、付属品などバリエーションが豊富です。代表的な墓石の種類は以下の3つになります

和型墓石

和型墓石

「和型墓石」は、最もポピュラーなお墓で、江戸時代から広く使われています。 見た目も美しく、安定感がある形で、日本特有の形から親しみやすさのあるお墓になります。

洋型墓石

洋型墓石

「洋型墓石」は、宗教不問の霊園が増えてきたのと並行して多く使用されるようになり、現在では一般の霊園でも和型墓石と同じように目にする事が多くなりました。 デザインの幅も広い事も特徴の一つであります。

デザイン型墓石

デザイン型墓石

「デザイン型墓石」は、ご自身の理想のお墓を形にする、個性を重視したお墓になります。デザイン型墓石は、ご自身が「こういうお墓をつくりたい」の理想に沿ってつくるため、動物やボール等趣味思考を入れる方が多くいらっしゃいます。

墓石選びのポイント

墓石を選ぶ際に注意していただきたいのは石の質です。墓石に使う石の材質によって墓石の価格は左右されますが、墓石に適した石かどうかのポイントは大きく以下の3つになります。

① 硬度が高い
POINT1 硬度お墓は子孫に引き継がれていくもので、耐久性の高さが求められます。一般的に、硬度が高い石は耐久性が高く、光沢が長持ちすると言われています。
② 吸水率が低い
POINT2 吸水率鉄分を多く含んだ石は水を含むとサビが出て変色したり、寒冷地では水を吸った石が凍って割れてしまうこともあります。
③ 表面にキズやムラがない
POINT3 キズムラ表面にキズがなく、見た目にムラがなく、均一であるものが良いとされています。

以上3点に着目して墓石に適した石かどうかをある程度判別していますが、質のほかに「色」や「模様」といった特性が石にはあります。これらを総合的に判断して墓石に使う石を選んでいただきます。石は天然素材なので、石の価格はその石の生産量や希少性によって変動します。そのため、る墓石に適した耐久性のあ石が必ずしも高価ではないという一面もあります。

【お墓の基礎知識ページまとめ】

こちらのページでは、お墓についての基礎的な情報(ノウハウ)を記載しております。あくまでもお墓選びについて失敗しないための一般的な基礎知識となりますので、これからお墓を選ぶ、若しくは墓石を購入するにあたりご不安な方や、実際の価格を知りたい方、石材店の選び方が分からない方等、どんな些細なご質問でも墓石コネクト事務局へお問合せください。墓石の購入からお墓完成後のフォローまで、専門家が無料でサポートいたします。

  • \最大10万円分のキャッシュバック/
  • 墓石見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
石材店最大6社がお見積りします!

初めての墓石購入で不安な方、墓石の価格が適正なのか心配な方、石材店選びに困っている方は墓石コネクトにお任せください。

全国対応 24時間無料相談 0120-550-718